F1 ニュース&コラム Passion

佐藤琢磨 トロ・ロッソで二度目のテスト

佐藤琢磨が、トロ・ロッソのマシンを再び操る。 トロ・ロッソは11月17日から始まるテストで佐藤琢磨をのせるようである。 チームからの正式な発表はないが、佐藤琢磨のマネージメントサイドはこの話を認めている。 ただ、このテストは佐藤琢磨だけが乗るのではない。 他にも2009年シーズンのシートを狙う、現ドライバーのセバスチャン・ブルデー、レッドブルのテストドライバーであるセバスチャン・ブエミもマシンをドライブする。 テストは三日間予定されているので、恐らく一人一日づつドライブするのだろう。 噂されているブルーの・セナはこのリストには載っていない。 彼はこのテストで、ホンダに乗る予定である。 二つのシートをこの三人で争うことになりそうだが、ブルデーは恐らく残留する可能性が高いと思う。 というのも、二人のドライバーを同時に入れ替えた場合、マシンの継続的な開発が難しくなるからだ。 となると、ブエミと琢磨が残り一つのシートを争うことになる。 ブエミはレッドブルの契約ドライバーなので、佐藤琢磨は不利な立場である。 このテストでブエミより、明らかに優れていることを示さなければならない。 これはたった1日という短い時間では、かなり困難な仕事である。 佐藤琢磨の利点は、経験の豊富さと実績。 そして、日本人であるという点である。 日本市場、アジア市場を目指すレッドブルとしては、マーケティング的に佐藤琢磨は欲しい人材だ。 トロ・ロッソは、このテストが終わってからもすぐには、来年のドライバー・ラインアップを決めないだろう。 彼らは急ぐ必要はない。 決着は2009年のニューマシン発表までずれ込むのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください