F1 ニュース&コラム Passion

2009 Rd.13 イタリアGP観戦記 Part2 ハミルトンに賭けたマクラーレン

▽作戦を誤ったマクラーレン 軽い燃料でスタートしたハミルトンは、序盤快調にラップを重ねるが、ペースが思ったほど上がらない。 1回多いピットタイムを稼げるほど、ブラウンGPの二台との差を広げられない。 ここはピットロードが長く、ロスタイムが18秒+静止時間。 これは2ストップ組には、大きな負担だ。 今回、ハミルトンはKERSがあるのだから、無理矢理ポールを取る必要はなかった。 だから、ある程度の燃料を積んだ状態でも、良かったと思うのだが、マクラーレンはハミルトンのスピードに自信があったのだろう。 ポールからスタートして、主導権を握ることを選択した。 決勝レースでのブラウンGPのペースは、マクラーレンが予想していたよりも速かった。 ブラウンGPはシーズン序盤に見せつけたように、タイヤに優しい特性を活かして、燃料が少なくなるとタイムを向上させて、1ストップのハミルトンとの差を広げさせない。 コバライネンが早々にかわされたのは、マクラーレンにとって大きな誤算だった。 すくなくとも第一スティントは持ちこたえると、チームは期待していた。 それは、KERSがあれば十分に可能である。 私自身はハミルトンとコバライネンのコンビは、いいと思うのだが、この日の結果は来年の契約に影響を及ぼすかもしれない。 ▽ハミルトンの才能に賭けたマクラーレン 最後にクラッシュした、ハミルトンだが彼の第三スティントの走りは凄かった。 ハミルトンは終盤、予選アタック並のドライビングを披露。 バトンとの差を縮めていくが、バトンとバリチェロも負けてはいない。 ハミルトンと同程度のタイムを記録して、なかなか差を詰めさせない。 極端に燃料を少なくしてポール・ポジションを獲得したのは、ハミルトンのスピードに自信があったのだろう。 彼らもKERSがあるのだから、燃料を積んでアタックするという考えはあったはずだ。 軽い燃料でポール・ポジションを取り逃げ切る作戦は、バレンシアでもバリチェロに破れている。 逆に、ある程度重い燃料を積んだハンガリーでは勝てた。 マシン自体のポテンシャルは、マクラーレンよりブラウンの方が少し上だろう。 タイヤさえ温まれば今でもブラウンGPのマシンは戦闘能力がある。 マシンで劣るマクラーレンは、ハミルトンのスピードに頼るしかなく、それが最終ラップでのクラッシュにつながっている。 だが、勝利を目指すならば、これくらいのリスクは犯さなければならない。 もはやチャンピオンシップを望めないマクラーレンとハミルトンにとって目指すのは、勝利のみ。 リスクを冒せないチームやドライバーに勝利は得られない。 今回は、1ストップというリスクを冒したブラウンが勝利した。 ハミルトンは自分のスピードに賭けて敗れたが、見事な勝負だったと思う。 彼の存在がなければ、今のマクラーレンではここまでは望めない。 ▽エンジンに悩むレッドブル トヨタエンジンのトヨタとウィリアムズ、ルノーエンジンのルノーとレッドブルに取っては厳しいレースとなった。 このコースはとにかく、エンジンパワーがなければドライバーは為す術がない。 これほどのメルセデス・ベンツのパフォーマンスを見せつけられると、レッドブルもメルセデス・ベンツ・エンジンが欲しくなるだろう。 ブラウンGPを追うレッドブルは、ウェバーがオープンニング・ラップでクビサを接触して、クラッシュ。 痛いリタイヤ、ノーポイントに終わる。 チームメイトのベッテルもペースがなかなか上がらず、ノーポイントに終わりそうだったのだが、ハミルトンのリタイヤにより、8位入賞。 1ポイントを獲得した。 貴重な1ポイントに違いはないのだが、残り4レースで、バトンとの差が26ポイント差。 数字上、可能性は残っているが、バトンの驚異的な完走率を見ると、これは事実上の戦いの終わりだろう。 唯一の可能性は、2007年のハミルトンのように、バトンが自滅することだ。 これが初めてのチャンピオン争いになる、バトンには経験がない。 どんなに偉大なドライバーでも最初のチャンピオン争いでは、緊張しミスをする。 決して若くはないバトンであるが、チャンピオン争いは独特の雰囲気がある。 バトンにとって幸いなのは、最大のライバルがチームメイトであることである。 バトンのマシンがコースや気温にあわないときは、バリチェロもそうである可能性が高い。 であれば、彼は常にバリチェロの後ろでフィニッシュできればそれで、チャンピオンだ。 2007年のハミルトンはチームメイトだったアロンソに勝つことを意識するあまり、自滅した。 果たしてバトンは、チャンピオンになるために、勝つことを諦めることができるのかが、今後のポイントだ。 そして、バトンはそれができると思う。 というのは、チームにはロス・ブラウンがいるからだ。 彼はミハエル・シューマッハーと共に何度もチャンピオンを獲得した経験がある。 私はロス・ブラウンがバトンに味方するとは思わないが、彼の経験を伝えることはするだろう。 冷静さを保てればバトンが逃げ切る可能性は大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください