F1 ニュース&コラム Passion

F1 MEETING @ ブラジルGP

いつもブラジルはスタートが遅い。 今回も当然のごとく月曜日の午前1時スタート。 F1 MEETING開始の11時直後はお客さん50人くらいでした。 まあそれも仕方ないですよね。 明日仕事の人も多いし。 でも日付が変わる頃から続々と、ピットインされる方が増えてきます。 最終的には100人以上来場いただけたのではないでしょうか。 ありがとうございます。 F1 MEETING開催前には、スカパー!でブラジルGPの解説をされる小倉さんが登場して、プチ・トークショーが開催されました。 そしてトークショーを終えられると、急いでフジテレビへ向かわれます。 お忙しい中、ありがとうございました。

 今回のゲストドライバーはSUPERGT300クラスより参戦している片岡龍也選手。 今回も恒例のゲーム「F1 2010」でインテルラゴス・サーキットを走っていただきます。 優勝できなかったら自腹プレゼントということでしたが、マシンがザウバーと言うこともあり、優勝はならず。 自腹プレゼントを提供いただきました。 ありがとうございました。 レースは土曜日の雨でラバーが流されてタイヤのタレが大きく、上位三台以外のドライバーはタイヤのマネージメントに苦しむ展開です。 リタイヤしたくない上位の三人はそのまま波乱もなくレースをフィニッシュ。 PPはヒュルケンベルグでしたが路面がドライでは、マシンの性能差がはっきりと出てしまい8位となりました。 可夢偉も得意の後半、フレッシュなソフトタイヤを履いてトロ・ロッソの二台をオーバーテイクして会場を沸かせてくれました。 レースが終わり、F1 MEETINGが終わったのが3時30分頃。 みなさんお疲れ様でした。 会場では始発電車まで「F1 2010」を使ったレース大会が開催。 マッサのサイン入りキャップを巡り激しいバトルが繰り広げられました。 私も家に帰ると朝の5時。 そのまま布団に潜り込みました。 さすがに少し疲れて、声もガラガラ声でした 。 ではチャンピオン争いから目を離せないアブダビGPのF1 MEETINGでお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください