F1 ニュース&コラム Passion

2011 Rd11 F1 MEETING @ ハンガリーGP

少し遅くなりましたが、前回のF1 MEETINGのレポートです。
F1MTG@HUN 
今回も会場前から、多くのお客様に並んでいただき、ありがとうございます。

7月最後の日31日日曜日にPIT-FM F1 MEETING @ ハンガリーGPが開催されました。
これが終われば約1ヶ月の夏休み。
開幕からあっという間の5ヶ月間でしたが、11戦のハンガリーGPを迎えました。
例年、暑い暑いハンガリーなのですが、今年は小雨でレーススタートを迎えます。
これでカナダから数えて4レース連続で雨絡みのレースとなります。

今回はイベントのプレゼントは半端ない。
通常の順位予想に可夢偉の順位予想、完走台数予想のプレゼントに加えて、パドッククラブのパスに、グランドスタンド入場券に、ビデオカメラに、ipod用スピーカー等々、総額100万円以上のプレゼントを用意させていただきました。
当選された方はおめでとうございました。

今回のゲストは、井出有治さんにおいでいただきました。
井出さん、よろしくお願いします。
井出さんとは何回かやらせていただいているので、息もバッチリ!

F1MTG@HUN
左からMC 小嶋さん、実況 中島さん、解説の井出さん。

今回F1業界の裏側を紹介する、「フォーミュラー・ワン宮殿」はマクラーレンの無線をサポートするKENWOODさんにおいでいただき、いろいろな裏話をお聞きしました。
KENWOODさんがマクラーレンに提供している無線機の数はなんと108台。
しかももっと小さくとか軽くとか要求も厳しい。
今は充電器を改良しろと言われているそうです。
会場では、前回ドイツGPで優勝直後のルイスとピットとの無線交信記録を、マクラーレンが使用しているヘッドセットを着て聞けるという企画もありました。
私も聞かせてもらったのですが、とても綺麗でクリアな音声でした。
携帯電話より綺麗でしたね。
一般に思われている無線のレベルではありません。



苦労されている点は、ノイズだそうです。
HWの故障はほとんどないので、サーキットへ着いたら日曜日までにノイズを消すのが大変らしいです。
無線的に厳しいサーキットは、モナコとシンガポールとスパ。
前の二つは建物が多く電波が届きにくく、モナコのトンネルはさすがに半分は全く無線が通じないそうです。
それでもマクラーレンはなんとかならないかと言ってくるらしいですが、さすがに電波が届かないところでは、無理だそうです。
スパは奥行きが長いのと高低差があるので、影になる部分は無線が届きにくいそうです。

F1MTG@HUN
左のマクラーレンのユニを着ているのが、ゲストのKENWOODの方です。

さて恒例の、レース前の順位予想。
私は1位ハミルトン、2位ベッテル、3位アロンソにしました。
ハミルトンは予選で実質最速でしたからね。
スタート時は路面はダンプ状態、全車インターミディエイトでスタート。
波乱の予感がしてきます。
私の予想通り1位ハミルトン、2位ベッテルでレースが進みしめしめと思いながら、レースは進みます。
ところが3回目のタイヤ交換ではハミルトンはSSへバトンはSタイヤへ交換。
これが明暗を分けまして、優勝はバトン。
バトンは記念すべき200戦目のレースを勝利で飾りました。
普通記念レースは結果が伴わないというジンクスがあったので、バトンはノーマーク。
来場された方にもバトンはないと断言していた私でした。
大外れの予想で申し訳ない。

これでエキサイティングなレースは終了。
次は1ヶ月後、8月28日日曜日のベルギーGPです。
スパも雨絡みのレースになることが多く、波乱のレースになりそうです。
またの来場をお待ちしています。
F1MTG@HUN
みなさん、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください