F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.16 インドGP観戦記 作戦を間違えたアロンソ

アロンソのQ2のタイムはQ3では3位のタイムである。しかもQ2からQ3へ路面が改善されておりその効果が0.3~0.5秒前後あったことを考えるともしアロンソがQ3をソフトでアタックしていれば、2位でスタートできた可能性が高い。  そうするとその後のレース展開は全く違っていただろう。スタートがいいアロンソはベッテルの前に出ていいレースができた。しかもフェラーリはレッドブルよりタイヤに優しい。これはベッテルには嫌な展開だったはずだが、Q3でミディアムでアタックしたアロンソは8位からスタート。スタート直後の1コーナーでウェバーと接触し、2周目に破損したフロントウィングの交換を強いられた。これは最初のミディアムで引っ張ろうと考えていたアロンソの作戦を破壊し、彼は11位でフィニッシュしノーポイントに終わった。 関連記事:インドGP観戦記1 ベッテルが6連勝で4年連続チャンピオン! 関連記事:インドGP観戦記2 明暗分けたタイヤ戦略 関連記事:インドGP観戦記3 1ストップを成功させたグロージャンとスーティル 関連記事:2013年 Rd.16 インドGP レース結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください