F1 ニュース&コラム Passion

ヒュルケンベルグ リスクが大きく断った

2013年の残り2レースを欠場するライコネンの代役候補の1人だったヒュルケンベルグは、リスクが大きかったので断ったと明らかにした。 ヒュルケンベルグはチームファクトリーのあるエンストンを訪問し、背中を手術するキミ・ライコネンの代わりにアメリカとブラジルGPを走る可能性について協議した。 ヒュルケンベルグ側は残り2レースとあわせて2014年のシートの確約を求めたが、得られなかったのでこのオファーを断った。 ロータスと投資家の協議はいまだ合意にいたっておらず、そのめども立っていない状況である。その為、経済的苦境にあるロータスはこのままでは、ペイドライバーと契約せざるを得ない。マルドナドがその候補の筆頭である。 「外部から見れば魅力的だっただろうね」とヒュルケンベルグが述べた。でも残り2レースだけだとリスクがある。残り2レースだけでなく、その後も見据えていかなければならない」 「一度シートに座れば、人々は僕にロメイン(グロージャン)を倒すことを期待するだろう。彼は今好調だし、結果も残している」 彼はザウバーから支払いを得ていないので、契約違反でザウバーを飛び出すことは可能だった。しかしながら来年の確約もなく、短時間でマシンになれ、レースを戦うことにリスクを感じて、このオファーを断った。現在、とても評価の高いヒュルケンベルグが、ここでグロージャンに大きく負けることがあれば、彼の評判には傷がつく。 現在の移籍市場は結果ではなくて、もっている予算の額で契約が決まっていく傾向がある。だからここでリスクを冒す理由がヒュルケンベルグにはなかった。 ライコネンの代わりのドライバーは同じフィンランド人のヘイキ・コバライネンがドライブすることが決定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください