F1 ニュース&コラム Passion

可夢偉 ケータハムからF1復帰が正式発表

小林可夢偉がF1に戻ってくることが、ケータハムから正式に発表された。 ケータハムは今日、2014年のドライバーとして小林可夢偉とスウェーデン人のマーカス・エリクソンと契約したことを発表した。待ちに待ったニュースである。リザーブドライバーはロビン・フリンジとなる。これで今年のF1シートは全て埋まることになる。 可夢偉はカーナンバー10でエリクソンはナンバー9で戦うことになる。この2人の名前はこの数週間メディアを賑わせていたが、各ドライバーの契約の詳細を詰めるのに時間がかかり、発表が延びていた。 可夢偉は2012年にザウバーで表彰台に乗るなどめざましい活躍を見せたが、多額の持参金をもつグチエレスにシートを奪われ、2013年は走ることができなかった。2013年はフェラーリのレーシングカーでWECに参戦。27歳になった可夢偉はレギュレーションが大きく変わる2014年に復帰を果たす。 「チームが自分の実力と経験を評価してくれたことは非常に光栄です」と可夢偉は述べた。 「最初にリーフィールドの工場へ行ったのはクリスマス前でした。チームは前身するのに貪欲なことは明らかでした。昨年は難しいシーズンでした。でも今年は大きくルールが変わるので、全てのチームが最初からのスタートとなります。全てのチームに進歩する余地があります。私が見た限りでは、ケータハムは前進するための全て備わっています」 チーム代表のアビテブールは「F1に可夢偉を復帰させることができて嬉しい」と述べた。 「彼はとても人気のあるドライバーで、我々の開発の重要なポイントで彼のような素晴らしいドライバーを加えることができたのは、チームにとって非常にいいことです。彼のペースは明らかで、我々はF1で最もチャレンジングなシーズンのひとつに取り組むので、特に彼のトヨタ時代におけるマシンの開発経験は、我々にとってとても重要になります」 関連記事:可夢偉 ケータハム入り決定 関連記事:可夢偉の契約発表が遅れている理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください