F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレンの危険な兆候

マクラーレンにホンダが資金提供すると噂されている。私はそれはないと思うのだが、もしそれが本当でもマクラーレンは、かなり危ない橋を渡ろうとしているように見える。   というもホンダが資金提供すればマクラーレンはお金に困らない。いいことだらけのように思えるが思わぬ落とし穴もある。 関連記事:ホンダはマクラーレンへ資金提供するのか? ホンダがマクラーレンに資金提供すると、マクラーレンはスポンサーと無理に契約する必要がなくなる。昔のように景気のいい時にはそれでもスポンサーが付いたのだが、今の経済状況ではかなり難しい。 お金に余裕があると急いでスポンサーを探す必要性が少なくなるので、スポンサー獲得の努力をしなくなる。それでもホンダが資金提供している間はいいが、いなくなると途端に苦しくなる。 実は過去にも同じ状況があった。ホンダワークスで参戦していた前回、ホンダの資金を当てにしてスポンサーが探せなかったチームはホンダの突然の撤退の後、崩壊寸前だった。なんとかブラウンGPと名前を変え、ホンダからの資金提供で1年を戦い勝てたがその後、メルセデスの買収がなければチャンピオンを獲得しても、チームが消滅していた可能性は大きかった。 マクラーレンもこのホンダと同じ状況にならないとは誰にも言えない。 ホンダが資金提供をしてもしなくても、マクラーレンが進むのは厳しく険しい道のようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください