F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.2 マレーシアGP観戦ガイド2 シャシー編

【シャシー】 高速、中速、低速コーナーがそろうセパン・サーキットは、マシンのセットアップが難しい。また長い直線二本があることでセットアップに妥協を強いられる。 ただ今はDRSがあるので、ダウンフォースのレベルは高くになる。 長い直線の後のブレーキングポイントでは安定感が重要になるが、これは低速コーナーでの速さと相反する条件なので、妥協ポイントを探るのが難しい。 フューエル・エフェクト:0.36秒/10kg   関連記事:バトン マクラーレンの開発は順調   【ブレーキ】 長い直線の終わりで大きなブレーキングポイントが二つあるが、他は軽いので全体的に見ると普通である。ブレーキが厳しくなると、直線の終わりで簡単にオーバーテイクされてしまう。 ブレーキ負荷:平均 ブレーキ区間:1周の15% 【DRS】 マレーシアでは検知ポイント及び動作ポイントは2カ所。 最初の検知ポイントはターン12と13の間、動作ポイントはターン14立ち上がりのバックストレート。 二つ目の検知ポイントは最終コーナー中程で、動作開始ポイントは最終コーナー立ち上がり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください