F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.3 バーレーンGP 観戦ガイド3 レース展望

2014年第3戦として開催されるバーレーンGPのレース展開と過去の成績を振り返ろう。 【セーフティカー】 ランオフエリアが広大であり、セーフティカーの登場は希である。 2007年に破片を回収するのにセーフティカーが出たが、それ以外ではない。 【ペンルティ】 ・ボッタス 3グリッド降格 マレーシアGPの予選時にリカルドを妨害したことにより、3グリッドの降格が決定している 【天気予報】 昨年のバーレーンGPは4月末に開催されてたこともあり、路面温度が40度超えたりして、とても暑いコンディションであった。今年は4月上旬であり、初のトワイライトレースということもあり、暑さは改善されるであろう。雨が降る心配はない。 【レース展望】 ここはストレート部分が多いので、パワーユニットの優劣が表れやすい。 その為、メルセデスのパワーユニットを搭載しているチームは有利。 その中でもメルセデスAMGがマシンの完成度で抜き出ており、圧倒的に有利な状況。それ以外で対抗するのはレッドブルだが、メルセデスにトラブルがなければ、勝利は難しい。 アロンソはバーレーンで3勝をマーク。マッサとベッテルが2勝、バトンが1勝あげている。ハミルトンはバーレーンでは勝利がない。フェラーリが過去7回のレースのうち4勝しているが、今回はさすがにないだろう。 【過去6年間の優勝者】 2007 F・マッサ<フェラーリ> 2008 F・マッサ<フェラーリ> 2009 J・バトン<ブラウンGP> 2010 F・アロンソ<フェラーリ> 2012 S・ベッテル<レッドブル>  2013 S・ベッテル<レッドブル> 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください