F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.3 バーレーンGP FP1 ハミルトンがトップ

2014年 第3戦 F1バーレーンGPのフリー走行1回目が4日現時時間の14時から開催され、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが最速タイムを記録した。 今シーズン、メルセデスの二人は指定席になった1位と2位の座を確保した。ニコ・ロズベルグはバッテリーにトラブルがあり、0.2秒ほどチームメイトに及ばなかった。 フェラーリのアロンソが3位。だがアロンソは左の前輪だけ違うタイヤを履いてピットを飛び出し、すぐに戻されるという前代未聞のハプニングに見舞われた。三輪はミディアムだったのだが、一つだけソフトタイヤであった。 4位は好調フォースインディアのヒュルケンベルグ、5位はマクラーレンのジェンソン・バトンとメルセデスパワー勢が続く。 ルノー勢の最速は8位のトロロッソに乗るクビアトである。 ケータハムは、小林可夢偉の代わりにリザーブドライバーのロビン・フラインスが出走。これは彼の持ち込んだ資金にともなう、予定されていた走行である。彼は今シーズン何回か金曜日にマシンをドライブする契約をしていると思われる。小林可夢偉は、フリー走行2回目は走行する予定である。 F1バーレーンGP フリー走行2回は、現地時間18時から走行を開始する。   Pos Driver Team BestTIme LAP 1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1分37秒502 14 2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1分37秒733 13 3 F・アロンソ フェラーリ 1分37秒953 17 4 N・ヒュルケンベルグ F・インディア 1分38秒122 10 5 ジェンソン・バトン マクラーレン 1分38秒636 16 6 キミ・ライコネン フェラーリ 1分38秒783 12 7 ケビン・マグヌッセン マクラーレン 1分38秒949 15 8 ダニエル・クビアト トロ・ロッソ 1分39秒056 24 9 セルジオ・ペレス F・インディア 1分39秒102 21 10 S・ベッテル レッドブル 1分39秒389 16 11 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1分39秒533 11 12 J・E・ベルニュ トロ・ロッソ 1分39秒862 26 13 フェリペ・ナスル ウィリアムズ 1分40秒078 14 14 ダニエル・リカルド レッドブル 1分40秒406 19 15 A・スーティル ザウバー 1分40秒652 20 16 P・マルドナド ロータス 1分40秒793 31 17 ジュール・ビアンキ マルシャ 1分40秒889 20 18 G・V・D・ガルデ ザウバー 1分40秒913 20 19 ロマン・グロージャン ロータス 1分41秒036 24 20 マックス・チルトン マルシャ 1分41秒794 20 21 ロビン・フラインス ケータハム 1分42秒417 35 22 マーカス・エリクソン ケータハム 1分42秒711 21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください