F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.3 バーレーンGP 予選 ロズベルグがポール獲得

2014年第3戦であるバーレーンGPの予選が5日開催され、メルセデスのニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得した。 バーレーンGPのフリー走行3回全てで最速タイムを記録していたハミルトンは、Q3最後のアタックの1コーナーでブレーキングをミスしてコースアウトし、2位に終わった。 今年初めて完全なドライコンディションで行われた予選Q3では、予選専用のオプションタイヤを使用した。これによりQ3に進出したドライバーは、Q2で最速タイムを記録したタイヤでスタートする。 3位にはレッドブルのリカルド、4位にはウィリアムズのボッタスが続いた。上位10位以内にメルセデスのパワーユニット搭載車は7台いてメルセデスが優位である事は間違いない。 リカルドは、マレーシアGPでの安全でないタイヤ交換のペナルティにより10グリッド降格が決まっている。 ベッテルはダウンシフトの問題でQ2で敗退した。 FP3で好調だった小林可夢偉はQ2進出が期待されたが、Q1敗退。19番手で予選を終えた。それでもマルシアより上位であり、ザウバーとのタイム差は少ないので、レースでは期待が持てる。 バーレーンGP 決勝レースは6日日曜日の現地時間18時(日本時間24時)からスタートする予定である。   Pos. Driver Team Q1 Q2 Q3 1 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1分35秒439 1分33秒708 1分33秒185 2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1分35秒323 1分33秒872 1分33秒464 3 ダニエル・リカルド レッドブル 1分36秒220 1分34秒592 1分34秒051 4 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1分34秒934 1分34秒842 1分34秒247 5 セルジオ・ペレス F・インディア 1分34秒998 1分34秒747 1分34秒346 6 キミ・ライコネン フェラーリ 1分35秒234 1分34秒234 1分34秒368 7 ジェンソン・バトン マクラーレン 1分35秒699 1分34秒714 1分34秒387 8 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1分35秒085 1分34秒842 1分34秒511 9 K・マグヌッセン マクラーレン 1分35秒288 1分34秒904 1分34秒712 10 F・アロンソ フェラーリ 1分35秒251 1分34秒723 1分34秒992 11 S・ベッテル レッドブル 1分35秒549 1分34秒985   12 N・ヒュルケンベルグ F・インディア 1分34秒874 1分35秒116   13 ダニエル・クビアト トロ・ロッソ 1分35秒395 1分35秒145   14 J・E・ベルニュ トロ・ロッソ 1分35秒815 1分35秒286   15 E・グティエレス ザウバー 1分36秒567 1分35秒891   16 R・グロージャン ロータス 1分36秒654 1分35秒908   17 P・マルドナド ロータス 1分36秒663     18 A・スーティル ザウバー 1分36秒840     19 小林可夢偉 ケータハム 1分37秒085     20 ジュール・ビアンキ マルシャ 1分37秒310     21 M・エリクソン ケータハム 1分37秒875     22 マックス・チルトン マルシャ 1分37秒913    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください