F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.3 バーレーンGP FP3 ハミルトンが3連続トップタイム

2014年第3戦 バーレーンGPのフリー走行3回目が5日、現地時間の18時からバーレーン・インターナショナル・サーキットが開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムを記録した。 これでハミルトンはバーレーンGPのFP1、FP2、FP3、全てのフリー走行でトップとなった。2位は同じくメルセデスのニコ・ロズベルグでメルセデスの強さは安泰である。 3番手にフォースインディアのセルジオ・ペレス、4番手にウィリアムズのバルテリ・ボッタスが続き、上位の六台は全てメルセデスのパワーユニット搭載車が並び、メルセデスパワーの優位性は揺るぎがない。 メルセデス勢以外での最速は7位フェラーリのアロンソであった。またルノー勢の最速は9位のクビアトである。 レッドブルのベッテルはセッション途中でスピンして走行を終了し、21位タイムでFP3を終えた。 小林可夢偉は17周を走行し、16番手タイムでセッションを終え、予選に期待が持たれる。 バーレーンGPの予選は、このあと現地時間18時(日本時間24時)から行われる。   Pos. Driver Team BestTime LAP 1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1分35秒324 12 2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1分35秒439 12 3 セルジオ・ペレス F・インディア 1分35秒868 10 4 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1分36秒116 10 5 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1分36秒364 8 6 ジェンソン・バトン マクラーレン 1分36秒394 8 7 F・アロンソ フェラーリ 1分36秒454 12 8 N・ヒュルケンベルグ F・インディア 1分36秒455 11 9 ダニエル・クビアト トロ・ロッソ 1分36秒680 16 10 キミ・ライコネン フェラーリ 1分36秒772 13 11 ケビン・マグヌッセン マクラーレン 1分36秒822 8 12 J・E・ベルニュ トロ・ロッソ 1分37秒030 11 13 ダニエル・リカルド レッドブル 1分37秒119 11 14 E・グティエレス ザウバー 1分37秒325 18 15 A・スーティル ザウバー 1分38秒089 24 16 小林可夢偉 ケータハム 1分38秒400 17 17 ジュール・ビアンキ マルシャ 1分38秒736 15 18 パストール・マルドナド ロータス 1分38秒880 21 19 マーカス・エリクソン ケータハム 1分38秒971 18 20 ロマン・グロージャン ロータス 1分39秒208 17 21 S・ベッテル レッドブル 1分39秒225 8 22 マックス・チルトン マルシャ 1分39秒597 14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください