F1 ニュース&コラム Passion

2014 インシーズンテストDay2 メルセデスが連続で1位

2014年から認められたシーズン中のテストである、インシーズンテストがバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催され、初日から連続でメルセデスがトップタイムを記録した。 メルセデスのドライバーは初日のロズベルグからハミルトンに変更したが、速さは何も変わらなかった。 ルイス・ハミルトンは2位のベルニュに1.4秒もの大差を付けている。テストでは各チームが何をしているのかはわからず、単純にタイム差だけを比較しても無意味ではあるのだが、それを考えてもこの差は大きい。 またこの日もハミルトンは120周も走行し、走行距離は最長であった。初日のロズベルグも最速タイムと最長距離を走っていて、メルセデスは速さだけではなく、信頼性も抜群である。 ハミルトンはウィリアムズのナスリと共に、この日はタイヤテスト専用デーに当てられた。今年からシーズン中に全8日間開催されるインシーズンテストでその中の1日はピレリタイヤのテストを専門にしなければならない。 関連記事:2014 インシーズンテストDay1 ロズベルグがリード 初日から続けてフェラーリをドライブするアロンソはわずか12周しただけでコースを去った。チームはアロンソのシャシーに大きなダメージを発見し、これ以上走行する意味がないと考えて、早々とテストを終えた。 マクラーレンのマグヌッセンは3位タイムを記録したが、テスト走行中にサスペンショントラブルでスピン。赤旗の原因を作った。 次回のインシーズンテストは5月のスペインGP終了後におこなわれる予定である。 【2014 インシーズンテスト Day2 @ バーレーン結果】 Driver Team Best time Laps タイム差 1 Lewis Hamilton Mercedes 1’34.136 120 2 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’35.557 64 1.421 3 Kevin Magnussen McLaren 1’36.203 26 2.067 4 Sergio Perez Force India 1’36.586 63 2.45 5 Daniel Ricciardo Red Bull 1’37.310 67 3.174 6 Jules Bianchi Marussia 1’37.316 93 3.18 7 Giedo van der Garde Sauber 1’37.623 77 3.487 8 Fernando Alonso Ferrari 1’37.912 12 3.776 9 Marcus Ericsson Caterham 1’39.263 66 5.127 10 Felipe Nasr Williams 1’39.879 64 5.743

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください