F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.5 スペインGP 予選 ハミルトンがポール

20140510_925990 2014年第5戦スペインGPの予選がおこなわれ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。 快晴のコンディションのもとでおこなわれた予選、ハミルトンはチームメイトからの挑戦を退けて、0.17秒差をつけてポールポジションを確実にした。だが3位のリカルドとハミルトンの差は1秒あり、これは全く勝負にならないレベルである。 Q1はマルドナドがコースアウトして、赤旗中断。彼はQ1で姿を消すことになる。 Q2ではベルニュとマグヌッセンがタイムを記録できなかった。マグヌッセンはERSにトラブルがあることが走行前に発見されて走行できなかった。 Q3でも赤旗中断が発生。ピットを離れた直後のベッテルがスロー走行になる。この時彼は2速を失っていたのだが、3速以上は使えたので一周して戻ろうと思ったが、コース上で全てのギアを失いストップしてしまった。このトラブルでレッドブルはギアボックスの交換を決断。5グリッド交代のペナルティを受けるためにベッテルは15位からのスタートになる。 ポールポジションはハミルトン。Q1、Q2ではロズベルグに先行を許したが、肝心のQ3で巻き返すのはさすがであり、余裕を感じる。3位にはレッドブルのリカルドがつけ、4位はウィリアムズのボッタス。ダウンフォース不足に悩むボッタスの4位には少し驚きである。 5位は今シーズン、苦戦が続くロータスのグロージャン。ルノーエンジンのアップデートは確実に進んでいる。 フェラーリのライコネンが6位とアロンソが7位。フェラーリの開発も進んではいるが、他チームと比較した場合、相対的なスピードは変わらない結果となった。 アップデートの効果が見られないケータハムの小林可夢偉は予選Q1でも苦戦し、今年初めてチームメイトのエリクソンより下位のポジションになってしまった。 2014年第5戦 スペインGP 予選結果 Pos Driver Team Q1 Q2 Q3 1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1分27秒238 1分26秒210 1分25秒232 2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1分26秒764 1分26秒764 1分25秒400 3 ダニエル・リカルド レッドブル 1分28秒053 1分26秒613 1分26秒285 4 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1分28秒198 1分27秒563 1分26秒632 5 ロマン・グロージャン ロータス 1分28秒472 1分27秒258 1分26秒960 6 キミ・ライコネン フェラーリ 1分28秒308 1分27秒335 1分27秒104 7 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1分28秒329 1分27秒602 1分27秒140 8 ジェンソン・バトン マクラーレン 1分28秒279 1分27秒570 1分27秒335 9 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1分28秒061 1分27秒016 1分27秒402 10 S・ベッテル レッドブル 1分27秒958 1分27秒052   11 N・ヒュルケンベルグ F・インディア 1分28秒155 1分27秒685   12 セルジオ・ペレス F・インディア 1分28秒469 1分28秒002   13 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1分28秒074 1分28秒039   14 E・グティエレス ザウバー 1分28秒374 1分28秒280   15 ケビン・マグヌッセン マクラーレン 1分28秒389     16 J・E・ベルニュ トロ・ロッソ 1分28秒194     17 A・スーティル ザウバー 1分28秒563     18 マックス・チルトン マルシャ 1分29秒586     19 ジュール・ビアンキ マルシャ 1分30秒177     20 マーカス・エリクソン ケータハム 1分30秒312     21 小林可夢偉 ケータハム 1分30秒375       P・マルドナド ロータス      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください