F1 ニュース&コラム Passion

2005年F-1 Rd3 バーレーンGP 観戦記 予選編1

相変わらずアロンソ&ツゥルーリは素晴らしい走りを見せてくれます。
これで連続1-2。何度も言うようで申し訳ないが、やはりドライバーの力は偉大だ。
トヨタは結果を残しているが、もしツゥルーリがいなければどうだったか。
ルノーもフィジケラだけだったらここまでの結果はむりだっただろう。
そして、遂に来ました皇帝ミハエル様。
ニューマシンとニュータイヤを得て、予選3位。 ブリヂストンは隠し球を持っていました。 これで少なくとも速さを見せることができた。 後は最後まで走りきれる耐久性。 同じF2005を駆るバリチェロはミッショントラブルでほとんど練習走行できず、予選では会に沈む。 相変わらず調子の上がらないBAR。 バトンと琢磨のタイム差があまりないところをみると、これがクルマの限界という感じだね。 今年は給油の間隔を等間隔に切ってくるチームが多いので、2回目も大きな波乱はなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください