F1 ニュース&コラム Passion

2005年F-1 Rd2 マレーシアGP ウラ観戦記

なんと、いきなりの琢磨欠場でマレーシアGPの幕が開きました。 しかしいくら暑いから、部屋の中はエアコンが効いて寒いからとかいろいろ理由はあろうがプロのスポーツ選手が発熱で休んじゃまずいでしょ。 今回、代役のデビッドソンが早々とリタイアしたからいいものの、もしバトン並みの結果を残していたらシートが危なくなることもあり得るのがF-1の世界。 日本からもたくさんの人が応援に行っていたみたいだし、ファンを悲しませないでくれ。 次は万全の体調で頼むぜ。 フェラーリはどうしちゃったんだろうね。 去年はやることなすことうまくいったその反動なのかも。 人生いつもいいことばかりでないと言うことかな。 F-1は人生勉強にも役に立ちそうだ。 フェラーリはニューマシン投入しても、タイヤが今のままではかなり厳しい戦いを強いられそうだな。 ブリヂストンもこれだけ引き離されると、改良型ではなく全く新しい構造を持つニュータイヤを投入しないとかなりやばい。 ブリヂストンの底力に期待しよう。 逆にルノーはスタートダッシュに成功。 ただシーズンは19戦と長丁場。 チャンピオンになるってことは、とてつもないこと。 プレッシャーもかかるし、相手もマークもきつくなる。 アロンソは速いし、安定感もある。 フィジケラよりは少し上かな。 トヨタの速さは本物らしい。 トヨタの悪口を言ってきたおいらとしては、そろそろ懺悔の準備が必要かもしれないね。 でもまだ表彰台に立ったにすぎない。 彼らの目標は当然、優勝だろう。 今の調子だと、それも時間の問題かもしれないね。 BARは負のスパイラルに陥っている。 バトンはスタートに成功してジャンプアップしたにも関わらず、エンジントラブル。 一方のデビッドソンも同じ週に煙を出して、リタイア。 トヨタが先に優勝しちゃったら、どうするのホンダ。 50%なんて中途半端じゃなくて、早く100%BARを買収しちゃいなって。 そうしない限りチャンピオンは取れないよ。 さてお待ちかね(誰も待っちゃいないって?)MVDの発表です。 今回はつまんないけどやはりアロンソかな。 個人的には昨年まで苦労が耐えなかったハイドフェルドにあげたいけど、今回はアロンソにあげよう。 これでアロンソは二回連続の受賞。 他のドライバーもがっばってくれよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください