F1 ニュース&コラム Passion

コバライネン初ポール ウェバー2 位 イギリスGP予選 

正直言って、予想外の結果と言わざるを得ない。コバライネンのポールは驚きではない。 彼は今シーズン、ハミルトンを予選で何度も上回っている。 チームメイトのハミルトンは、第一セクターと第二セクターではチームメイトを上回る速さを持ちながら、地元ということなのか、いつもの冷静さを欠き、彼らしくないミスの多いアタックとなり、4位に沈んだ。 それよりも、驚いたのがフェラーリが3位と9位だったことだ。ここシルバーストーンでは、圧倒的な強さを持つと思われていただけに、驚きとしか言いようがない。セットアップがうまくいかなかったのではないか?という意見もある。だが、彼らは6月24日から3日間、合同テストに参加していた。ここでの、彼らのペースは悪くなかった。 これで、セットアップができなかったというのであれば、彼らはあの3日間何をやっていたというのだろうか。唯一考えられるのは、風が思った以上の強かったので、うまくバランスが取りづらかったのかもしれないが、それもここシルバーストーンでは、予想の範囲内。 どうも、今年のフェラーリは優れたマシンと、ひどいオペレーションが混在しており、評価がしにくい。 もっと驚いたのが、ウェバーの二位だ。レッドブルのマシンは、あのニューウェイが設計したマシンなので、空力的に優れているのは当然で、シルバーストーン向きのマシンではあるのだが、それでも二位の結果には驚いた。ミスをするドライバーが多い中で、ウェバーはきっちりとタイムをまとめてきた。ドライバーの頑張りがないとできない結果だ。 さらに驚きは、トロ・ロッソのベッテルが8位。レッドブルへの移籍が噂される、この若いドライバーはなかなかすごい。最近、BMWのクビサが賞賛されているが、私はベッテルの方が優れているのではないかと密かに思っている。実質、レッドブルと同じマシンで、シルバーストーン向きとはいえ、トロ・ロッソで雨でもないのに、8位はすごいと言わざるを得ない。今年は、波乱が多いシーズンではあるが、雨も降らないのに、こんなに驚きの多い予選は、うれしい誤算だ。 上位に並んだ、驚きのドライバーたちの活躍を願わずにはいられない。ここシルバーストーンは、追い抜きの優しいサーキットではないので、彼は有利にレースを進められるだろう。だが彼らに立ちふさがる敵は、上位チームだけではない。 日曜日は雨の可能性もある。もっとも、雨の可能性がないシルバーストーンなんて、シルバーストーンではない。晴れでも、雨でも、どちらにせよ楽しみなレースになりそうだ。 イギリスGP予選結果 1 コバライネン 2 ウェバー 3 ライコネン 4 ハミルトン 5 ハイドフェルド 6 アロンソ 7 ピケ・ジュニア 8 ヴェッテル 9 マッサ 10 クビサ 11 クルサード 12 グロック 13 ボーデ 14 トゥルーリ 15 中嶋一貴 16 バリチェロ 17 バトン 18 ロズベルグ 19 スーティル 20 フィジケラ

3 thoughts on “コバライネン初ポール ウェバー2 位 イギリスGP予選 

  1. ななし

    なんかここにきて、やたら記事が乱発されてませんか?
    何か昔の記憶を消したいような印象ですが・・・。

  2. 仙太郎

    コメントありがとうございます。
    消したい記憶が多々ありますが、昔の記事を消したいわけではありませんよ。
    それに消したい記事は、消せますしね(^^)。
    今までは、考えたコラムを発信してきましたが、速報性も少し出そうかなと思い、記事を多く出しています。
    内容的には少し浅いかもしれませんが、速報性を入れてみました。
    また、よろしくお願いします。

  3. 仙太郎

    コメントありがとうございます。
    消したい記憶が多々ありますが、昔の記事を消したいわけではありませんよ。
    それに消したい記事は、消せますしね(^^)。
    今までは、考えたコラムを発信してきましたが、速報性も少し出そうかなと思い、記事を多く出しています。
    内容的には少し浅いかもしれませんが、速報性を入れてみました。
    また、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください