F1 ニュース&コラム Passion

マッサ、まさかのクラッシュ イギリスGP 初日フリー走行 1回目

フェラーリ絶対有利の、イギリスGP。 それなのになぜ、マッサはクラッシュしたのだろうか。 恐らく、直前にアロンソがまいたオイルに乗ったのだろう。 ダメージはかなり大きく、リアから突っ込んだこともあり、エンジンやギアボックスの交換は避けられない。 結局、1回目のフリー走行のトップタイムは、クラッシュ前にマッサが記録した1分19秒575。 マッサがコースアウトする前には、ツゥルーリも同じ場所でコントロールを失っている。 チーム側はなぜ、注意することができなかったか。 幸いライコネンのエンジン交換は、今年から1年に1度だけイレギュラーなエンジン交換が認められており、ペナルティなしでできる。 それにしても、今年のフェラーリはミスが多すぎる。 もうトップ独走していても、おかしくないのに、まだハミルトンやクビサと争っている。 それでも、イギリスはライコネンが勝つだろう。 だが、油断してはならない。 天気予報によると、週末の予報は雨もあるとのことだ。 フェラーリを止めるのは、マクラーレンでもBMWでもない。 気まぐれなブリテッシュ・ウェザーだけだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください