F1 ニュース&コラム Passion

【お詫びと訂正】日本GP観戦記

日本GPでハミルトンへのペナルティを批判しましたが、あのペナルティは妥当な判断だと思います。 ハミルトンは1コーナーを飛び出したにもかかわらず、2コーナーを3位で抜けています。 彼の前はクビサとアロンソです。 つまり、彼は1コーナーを飛び出して、フェラーリを抜いたので、これはペナルティの対象となっても、おかしくないでしょう。 ただ、コバライネンがライコネンと接触しなければ、ライコネンはハミルトンの前に出られた可能性もあります。 その場合、ペナルティはなかったでしょう。 また、コバライネンもライコネンを抜いているので、彼もまたペナルティの対照になるべきでしたが、彼はペナルティなしでした。 ハミルトンが2周目にマッサの後ろにいたので、1コーナーの飛び込みで後退したのだと思っていましたが、ハミルトンが後退したのは、3コーナーでアロンソに仕掛けてミスをしたからのようです。 トップが3コーナーへ飛び込むときに、クルサードがクラッシュして、一貴も巻き込まれて、画面が切り替わってしまったために、事実関係を確認できませんでした。 お詫びをして、訂正させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください