F1 ニュース&コラム Passion

Pit FM F1 Meeting スペインGP解説記

今年、2回目のPit FM F1 Meetingの解説に、東京・六本木にあるF1 Pit Cafeに行ってきました。 もう一人の解説者は、二年連続フォーミュラ・ニッポンのチャンピオン 松田次生選手です。 18時頃に会場に到着すると、既に何名かの方が並んでいます。 すごい! そして、開場直前には長い人の列は、いつものように道路の方まで伸びています。 すごい!すごい! 夜のイベントにもかかわらず、入場者数は287人。 すごい!すごい!すごい! 今回は、レース前のトークショーにも初参加。 松田選手と共に順位予想などもしてきました。 ちなみに、私の予想は 最初にピットにはいるのは、コバライネンを予想。 スタート位置が後方であり、KERS使ってロケットダッシュで、1コーナーで行き場なくなり、接触すると予想しました。 1コーナーでの波乱は予想通りでしたが、コバライネンは無傷です。 結果は、フィジケラが最初にピットイン。 なんと、これを当てた方が開場に一人。 すごすぎますよ、これは。 SCが出場するかしないかは、するを予想。 高速コーナーが多いので、一度飛び出すと大規模なクラッシュになると思い、SCが出ると予想しました。 妄想は外れたものの、1コーナーでの多重クラッシュで、SCは出場しました。 15周目のトップはマッサを予想。 スタートでKERSで飛び出し、バトンは14周目にピットにはいると予想して、マッサとしました。 ところが、SC出場で燃費が改善。 結局、スタートで飛び出したバリチェロが正解でした。 40周目のトップは、バトンを予想。 やっぱり最後はバトンでしょ、ということでこれは当たりました。 ふぅ~、良かった。 そして、最も難易度の高い上位三人の予想はこれだ。 1位バトン 2位ベッテル 3位マッサ 我ながら堅い予想だ。 でも、スペインは抜けないサーキットだから、仕方ないでしょ。 と思ったら、バリチェロがスーパースタートを決めて、トップで1コーナーへ。 なに~! しかも、第一スティントと第二スティントの中年ドライバーの走りが凄かった。 結果的には、このバリチェロの激走が私の予想を壊しました。 途中までは、バトン、マッサ、ベッテルだったので、最後にマッサとベッテルが入れ替われば、いただきと思っていたのですが。 バリチェロ、凄かったよ、本当に。 でも、レース後は精も根も尽き果てていたね。 結果は、1位バトン・2位バリチェロ・3位ウェバーでした。 これも、開場で当選した方が一名。 すご~い。 ウェバーの三位はなかなか、当てられません。 次回からは、妄想は止めて、直感で行くかな。 開場は今回も200人以上は来ていたいと思います。 私のしゃべりの方はと言うと、どうだったのでしょうか。 一部の方からは、前回より良かったとのお声をいただきまいた。 良かった~。 予習のかいがありました。 ここで、重大発表です。 私、仙太郎はPit FM F1 Meetingのレギュラー解説者就任が決まりました。 パチパチ 次のモナコGPから最終戦のブラジルGPまで、解説をやらせていただきます。 よろしくお願いします。 次回は、伝統のモナコGPです。 予選から来ないとのお誘いをうけているので、土曜日にも行くかもしれません。 かみさんの許可待ちです。 では、みなさんモナコGPでまた会いましょう。 写真は、Pit-FMのHPでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください