F1 ニュース&コラム Passion

2005 F-1 Rd8 カナダGP ウラ観戦記

やったね、ライコネン。 ヨーロッパGPの雪辱を果たしました。 最後はミハエルに追撃されたけど、今回は逃げ切りシーズン3勝目をマーク。 これでアロンソとのチャンピオン争いが面白くなってきた。 一方、今回かわいそうな人が二人。 フィジケラとモントーヤ。 フィジケラはトップを快走していたのにメカニカルトラブルでリタイヤ。 開幕戦以来ツキに見放されている。 でももっと不運なのがモントーヤ。 セーフティ・カーが入ったタイミングでピット入り口を過ぎてしまい、まるまる1周損をした。 ライコネンはぴったりのタイミングでピットインしたので、ほんの少しの差だったが、大きな差となってしまった。 アロンソはマクラーレンに追いつめられての自滅。 ライコネンが優勝してもアロンソはポイントを取っていれば、ポイント差の縮まり方が少なかったのだが焦ってしまった。 他のサーキットだったら、良かったんだけどジル・ビルニューブサーキットはランオフエリアが極端に小さいので少しのミスが大きな事故につながってしまう。 でもこれでも22点差あるので、まだまだ選手権を有利に戦える。 問題はマクラーレンの勢いにかげりが見られないので、アロンソは得点差を考えながらの勝負となりそうだ。 BARのバトンもポールポジションからのレースを手堅くまとめて、表彰台まだもう少しだったのだが、最終シケインの縁石に乗り上げ反対側のウォールに右前輪からヒット。 3位のポジションを失ってしまった。 佐藤琢磨は6位スタートで期待させたが、スタートに失敗。 序盤にメカニカルトラブルでリタイヤしたと思われたが、レース後半に突如復帰。 次のGPでの予選出走順位を少しでも遅らせるべく、周回を重ねる。 でも結局、リヤブレーキがロックしてリタイヤしてしまった。 今年のBARはブレーキが弱点なのか、よく壊れる。 早く修正しないとこれからも苦しめられそうだ。 BARは未だにノーポイント。 次は得意のインディアナポリスだけに、期待したい。 レッドブルは今回もしぶとく2台が入賞。 シーズン中盤には開発ペースの遅さから、苦しくなると予想していたが、予想を超える大健闘を見せている。 BMWの買収話で話題のザウバーもマッサが自己最高位タイの4位入賞。 ビルニューブも入賞へあと一歩の9位で地元GPを終えた。 次は高速サーキットのインディアナポリス。 ブリヂストンはこのサーキットでの経験が豊富なので、フェラーリの逆襲なるか。 ホンダパワー炸裂するかが注目だ。

2 thoughts on “2005 F-1 Rd8 カナダGP ウラ観戦記

  1. ケロ

    仙太郎さん、はじめまして。
    ケロと言います。
    私も、76’頃からF1を見始めて、いまだに見ています。
    当然ごひいきはニキ・ラウダです。当然ですよね!(笑)
    ”観戦記”いつも楽しく拝見してます。
    年間19戦もあると、大変だとは思いますが、これからも
    頑張って下さい。

  2. ケロ

    仙太郎さん、はじめまして。
    ケロと言います。
    私も、76’頃からF1を見始めて、いまだに見ています。
    当然ごひいきはニキ・ラウダです。当然ですよね!(笑)
    ”観戦記”いつも楽しく拝見してます。
    年間19戦もあると、大変だとは思いますが、これからも
    頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください