F1 ニュース&コラム Passion

2005 F-1 Rd8 カナダGP 観戦記 予選

ヨーロッパGPが終わった時点で、BARは次が楽しみだと思っていたが、まさかポールポジションを取るとは予想できなかった。 予選の出走順位も中程で、ニューエンジンを搭載し、ホンダエンジンの生かせるストレートが長いサーキットだったのだが、まさかバトンがポールを取るとは。 でも軽い燃料とはいえ、きっちりタイムを出してポールを取るバトンはさすが。 琢磨より一枚も二枚も上手だと、またまた感じてしまいました。 これで今年は落ち込みっぱなしだった、BARホンダも息を吹き返すかな。 佐藤琢磨も6番手のポジションを得て、決勝が楽しみ。 ただ今の予選はどの程度の燃料を積んでいるのかまったくわからないので、決勝レースの行方は不透明だ。 まさか予選順位だけのために3回ストップをするとは考えづらいので、1回目のストップは早めかもしれないが2回ストップでくるだろう。 タイヤが最後まで持てばレースも期待が持てそうだ。 一方、本命だと思っていたライコネンが7番手に沈む。 大きなミスはなかったので、燃料を多めに積んでいる公算が大きい。 ただソフトタイヤを選んでいるので1回ストップは考えづらい。 マクラーレンは燃料をたくさん積んでいることが多いので、1回目ストップのタイミングに注目だ。 ヨーロッパGPの雪辱を果たせるか、ライコネン。 アロンソはフィジケラと並んで3位スタート。 軽めのBARを1回目のストップでかわしたいだろう。 アロンソはとりあえず、ライコネンより前でフィニッシュできればいいので、ライコネンの順位を見ながらのレースとなりそうだ。 そしてやっときました、ミハエル・シューマッハー。 お久しぶりの予選2位。 今までは予選で出遅れて、トラブルに巻き込まれたりして表彰台を逃していただけに得意のジル・ビルニューブサーキットで今期初優勝を目指す。 心配はかなりダウンフォースを減らしているので、タイヤへの負担が大きく最後までグリップレベルが持つかどうかが勝負の分かれ目になりそう。 その他の注目は8位に入った地元カナダのジャック・ビルニューブ。 最近、いろいろとレース以外での注目度が高い彼だが、地元でキッチリとタイムを出してくるのはさすが。 ライコネンとしては、スタートで絶対ビルニューブを前に出したくないだろうから、スタートは注目だ。 もしライコネンがジャックに前に行かれるようなことがあれば、作戦的にかなり苦しくなりそうだ。 このサーキットは長い直線からのフルブレーキングするポイントが多いので、フラットスポットを作りやすい。 フラットスポットの餌食になるドライバーがいないことを祈りたい。 今回のレースはバトン、ミハエルにアロンソ、ライコネン、ジャックと見所の多いおもしろいGPになりそう。 深夜スタートのレースが楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください