F1 ニュース&コラム Passion

トヨタ F1撤退

11月4日トヨタ自動車は、2009年でF1活動を休止して撤退することを発表した。 会見の中では、社長の豊田章男氏は業績の悪化が最大の理由であることを述べた。 また他のジャンルのモーター・スポーツ活動については来年も継続することも明言した。 トヨタレーシングの会長である山科氏は、中嶋一貴と小林可夢偉については、これからもサポートを続けていくと涙ながらに訴えた。 彼らは2002年に参戦を開始。 8年間の活動で140レースに参加して3回のポールポジションと13回の表彰台を獲得した。 残念ながら勝利はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください