F1 ニュース&コラム Passion

F1 MEETING @ バーレーンGP

JUGEMテーマ:スポーツ

 

ついに2010年のF1が開幕しました。 今年の開幕はバーレーンです。 そして今年もF1パブリックビューイング F1 MEETINGが開催されました。 昨晩は、夜9時スタートにもかかわらず、なんと355人もの方が来場されピットストップカフェは、満員状態。 奥の方まで人で一杯です。 一番前の席には、四国から来られたご婦人もいらっしゃいました。 彼女はアロンソのファンと言うことで、開幕戦での彼の勝利に大満足で帰って行かれました。 今回はF1鈴鹿GPの場内実況でもお馴染みのピエール北川さんといつもお馴染みの小嶋さんとご一緒させていただきました。 それにしても、みなさんの熱意にはいつも驚かされます。 時間前に何十人の方が並んで、入場を待っておられます。 スタートやオーバーテイクシーンでの、盛り上がりはサーキット以上かもしれません。 サッカーとかだと毎週どこかで試合をやっているので、年に何回も見に行くことができますが、F1の場合、殆どの人は年に一回。 鈴鹿に行く方が圧倒的な多数だと思います。 だからこそ、ピットストップカフェのような場所や、パブリックビューイングが貴重なんですよね。 そんなF1ファンの皆さんに少しでも楽しんでいただけますよう、他のスタッフの方と協力してイベントを盛り上げていきたいと思います。 今年もよろしくお願いします。

 

今までテストでどこが速いだの遅いだのと言われていましたが、それらの予測にもこの開幕で決着がつきます。 予想通りフェラーリは速かったですね。 ほぼ同じくらいに速いのがレッドブル。 マクラーレンはこの二台よりは少し落ちるみたいですね。 そして、その次がメルセデスGP。 ミハエルは、予選からずっとニコより遅かったです。 でもこれは予想の範囲内。 3年のブランクがあるのに、いきなりニコより速かったらニコの立場がないよね。 でもミハエルはきっと次のレースまで二週間の間、テレメトリーのデータとにらめっこして、オーストラリアではまた少し、ニコとの差を縮めてくるのではないでしょうか。 本当に負けず嫌いだからねミハエルは。 決勝はベッテルがリードしながら進んでいきましたが、途中でエキパイが割れてパワーを失うトラブル発生。 アロンソとマッサ、ハミルトンに抜かれてしまいます。 でも、ここからがベッテルすごかった。 一時は全体のペースより4秒も遅かったが、途中から盛り返しなんとか4位でフィニッシュ。 トラブルがなければ、勝てたレースだと思いますが、コーナーの多いセクター2で頑張ってタイムをキープしたのはさすがでした。 ここで獲得したポイントは、シーズン終盤で貴重になりそうです。l そしてハミルトンもあまりできの良くないマシンを操りながらもきっちりと3位に入る辺りすごいドライバーです。 バトンもこれでは厳しいですね。 まだまだ自分好みのマシンに仕上がってない感じがします。 可夢偉はトラブルでリタイヤ。 残念ですが、次回に期待しましょう。 なんとかフライ・アウェイの4レースで結果を残して欲しいですね。 その後はトップチームとの差が開きそうですから。 燃料補給なしのレースの方はと言うと、正直企画倒れだったかなと。 もう少し見守る必要はありますが、少なくともバーレーンでは、順位の変動も少なく淡々とレースが進んでいました。 ベッテルのトラブルがなければ、本当に何もないレースになるところでした。 どのドライバーもタイヤをいたわって走っていました。 ブリヂストンのタイヤも素晴らしく長い距離を走っても大きくたれることはありませんでした。 というわけで、次回は3月28日のオーストラリアGPです。 オーストラリアGPは私の好きなGPの一つです。 ではみなさん、ピットストップカフェでお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください