F1 ニュース&コラム Passion

F1 MEETING @ ヨーロッパGP

JUGEMテーマ:スポーツ いや~、盛り上がりましたよ。 本当に。 F1 MEETING史上、最高の盛り上がりでした。 盛り上がった原因はもちろん小林可夢偉の激走です。 画面にはあまり写らなかったのですが、3位を走る可夢偉。 確かに彼はタイヤ交換せずにいたので、3位を走るのは当たり前のようですが、ラップタイムがすごかった。 ハミルトンやベッテルに及ばないのは当たり前なのですが、それほど大きな差を付けられない素晴らしい走りを見せてくれました。 その為、抜けないサーキットであるとはいえ、マクラーレンのバトンを抑えて可夢偉が3位をキープします。 そして一番盛り上がったのが最後にアロンソとブエミをオーバーテイクするシーン。 会場が揺れていました。 実況の中嶋アナの声も10段くらいボルテージアップ。 ガッツポーズもでるくらいの力の入りようです。 彼のステイアウトを選択した決断力。 好タイムを出しながらもタイヤを労る走りのできる技術。 そしてここぞというところで勝負する勝負力。 これまでの日本人ドライバーにはない素晴らしいドライバーです。 ただ一つ残念なのはこれだけ活躍しても、日本のマスコミは取り上げてくれないでしょう。 ゴルフで日本人が活躍すれば、翌日のスポーツニュースで取り上げてくれるでしょうが、F1だとそうはいかないのです。 それがとても悲しいです。 でも彼はそんな現状をも変えてくれる可能性を感じます。 可夢偉の活躍もあり、今回F1 MEETIGNに来られたお客さんは、大満足だったと思います。 次回、シルバーストーンはバレンシアよりザウバーのマシンにあっていると思われるので、みなさん可夢偉の応援にピットストップカフェへお越しください。 では、またイギリスGPでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください