F1 ニュース&コラム Passion

2011 F1 MEETING @ 中国GP

F1 LOVERSさんご一同からの改装祝いのお花です。 マレーシアから2週連続開催となる中国GPのF1 MEETINGが開催されました。 前回のマレーシアGPは会場となる、F1 PIT STOP CAFEが改装工事のために中止となりました。 今回はリニューアルしてPIT STOP CAFE改め PIT STOP CIRCUIT LOUGEと名前を改めて再出発。 再開後、初のF1 MEETINGということで私もワクワク楽しみにしていました。 さて会場に着いてみると、今回も前回に引き続き会場前に長い列が。 常連さんの顔も見受けられます。

  今回も開場前に長い列が….。ありがとうございます。 一緒に盛げていきましょうね。  

入場前の会場。改装前とあまり変わってない?それはいわない約束でしょ^^)。それが人が入ると…. こんな感じになります。ご来場ありがとうございます。 今回から趣向も新たにF1教室が始まりました。 第一回となる今回のゲストは鈴鹿サーキットでチェッカーフラッグを振っていた、元鈴鹿サーキットの取締役である土屋一正さんにおいでいただき、当時のあんな話やこんなお話しを聞かせていただきました。

土屋さんへインタビューする中島さん、いっとちゃん そして今回は、レース開始30分前から私、仙太郎の出番です。 今回のゲスト解説者は、F1 MEETINGではお馴染みの伊藤大輔選手です。 でも大輔さんいきなり、台本にないトップ3予想をいきなり振られて困ります。困る大輔選手に、予選一覧表を手渡しアシスト。 結局、大輔さんは予選上位3人をそのまま予想としました。 考える時間ないので仕方ないですよね。 事前に何も聞かされずに順位予想は大変だな~などと思っていたら、何を思ったか中島さんが私にも聞いて来るではありませんか。 全く予想していなかった私は少しパニック。 ここでベッテルを予想したら解説者魂が許さない。 というわけで私の優勝予想は予選3位のハミルトン。 自分で予想しといて何ですが、これかなりギャンブルでしたね。 というか自分で予想しておいて、これは当たらないだろうなと思っていました。 でもベッテルの優勝予想じゃ面白くも何ともないので。 ただベッテルが負けるとすれば、ハミルトンしかないと確信していました。 それは開幕戦と第二戦を見ての根拠ある確信です。 仙太郎の席からみえる風景です そしていよいよ決勝レースがスタート。 スタートでマクラーレンの2台が飛び出すも彼は3ストップ。 最初のストップでトップにたったベッテルは2ストップ。 今回もベッテル勝利かと思われましたが、予想よりタイヤのタレが大きく、ハミルトンが大逆転勝利。 久しぶりに予想が当たり大喜びの私。 中島さんが全然触れてくれないので、自らアピールしましたが、でも3位のウェバーは予想できなかったですよねと一刀両断されてしまった。 しゅん…。 もちょっと褒めて欲しかった。 予想当てるの難しいのよ、本当。 それにウェバーの3位を予想するのは無理でしょう、絶対に。 今回の予想当選者はナシでした。 今回、またしてもウェバーによって予想当選者ゼロに。 本当にウェバーの順位を当てるのは難しい。 いつもウェバーの予想には泣かされます。 上海は長いストレートとDRS効果、そしてピレリタイヤのタレの大きさとピット戦略が分かれて事もあり、オーバーテイクが続出。 イベントは大盛り上がりとなりました。 皆さん盛り上がっていました。よかった。 次回は5月8日トルコGPとなります。 みなさんのお越しをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください