F1 ニュース&コラム Passion

2011 F1 MEETING @ トルコGP

 今年初めてのヨーロッパラウンド トルコGPのF1 MEETINGに出演してきました。 ヨーロッパの人に言わせるとトルコはヨーロッパではないらしいのですが、それを言い出すとややこしいので、あえて触れません。 今回も多くの方が開場前に並んでいただきました。ありがとうございます。 今日も一緒にもlりあげていきましょう。 今回はレース前のイベントに、アライヘルメットの方に登場いただき、奥が深いヘルメットの話をお聞きしました。 なんと本物のベッテル、ハミルトン、ウェバーのヘルメット持参で来ていただきました。 しかもベッテルのは、日本GPで使った特別カラーリングのヘルメットです。 あの「翼を授ける」と書いてあるヘルメットですよ。 アライヘルメットの山本さんに、F1用ヘルメット開発の苦労話や裏話をお聞きしました。 ありがとうございました。とても興味深いお話でした。

これが実物のベッテル・ヘルメットです。 そしてこれがルイスとウェバーのヘルメット。  さて恒例のレース前の順位予想ですが、今回ゲストの松田次生さんと赤井邦彦さんがベッテルが勝つと予想したので、天の邪鬼な私は、ハミルトンの2連勝で2位はベッテル、3位はアロンソと予想。 ベッテルがKERSを使用できなければ、かなり苦しい展開になると読んだのですが。 今回もたくさんの方に来ていただきました。ありがとうございます。 ところがベッテルはスタートから悠々自適のクルージング状態。 危なげなく勝利を飾ります。 一方、我らのルイスはあろうことか、オープニングラップでコースアウトしそうになり、順位を落として万事休す。 タイヤ交換の作業で大きなタイムロスもあり4位。 残念な結果となりました。 そしていつものように順位の読めないウェバーが2位。 当たったのは3位のアロンソだけでした。 でも攻めた予想は覚悟の上だったので、それも良しとしましょう。 今回、ご一緒させていただきました皆さん。 左から小嶋さん、中島さん、赤井邦彦さん、松田次生さんです。 それにしても今年のピレリタイヤは解説者泣かせ。 いつまでタイヤが持つのか、本当にわからない。 レースの流れからして4ストップだと思ったのですが、最後の最後までわからないレースでした。 今年初めてのナイトレース(日本時間で)だったのですが、無事に終了。 ご来場いただきましたみなさん、ありがとうございました。 次は2週間後のスペインでお会いしましょう。 今回、来場されていたピレリジャパンの社長から、特別プレゼントが。 なんとピレリがスポンサーになっている、インテル長友選手のTシャツ。 社長とのジャンケン大会で勝たれて、見事にゲットされました。 いつもご来場いただく、メルマガ読者の方。 マッサファンの暇猫さんが作られたセナの絵を、もらって満面の笑みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください