F1 ニュース&コラム Passion

2005 F-1 Rd13 ハンガリーGP ウラ観戦記 予選

ついに来ました、皇帝ミハエル・シューマッハー。 今季初のポールポジション。 しかも2位のモントーヤとの差は0.9秒の大差。 最速マクラーレンとのこの差はなんだ? ミハエルはどの程度の燃料を積んでいるんだ? まさか5周くらいでピットインって事はないよね。 今頃、もう少し燃料つんどきゃ良かったなんと思ってるんだろうな。 モントーヤは多めの燃料を搭載し、ツーストップ作戦で来ていると予想できるとはいえこの差は尋常ではない。 ミハエルが3ストップで軽い燃料だとしてもだ。 ブリヂストンタイヤが持ち込んだタイヤがここハンガリーに最適だったと考えるのが妥当だろう。 昨年、ここハンガリーGPでミハエル・シューマッハーとブリヂストンタイヤは他を圧倒するパフォーマンスを見せつけた。 まさかミハエルは10周以前にピットインすることはないと思うが、レースでのモントーヤとの駆け引きは見物だ。 前戦のリタイヤにより、予選出走順位が最初だったライコネンだが不利な条件を物ともせず予選4位に付けた。 まずまずの予選順位だが、ここハンガロリンクは抜けないことで有名なサーキット。 さすがのライコネンも予選4位からでは難しい戦いを強いられそうだ。 スタートでツゥルーリを交わせるかがポイントになる。 最近のツゥルーリは、後続を押さえ込むことが多い。 このツゥルーリをスタートで抜けないとモントーヤとミハエルに先行され厳しい戦いになりそうだ。 ライコネンはおそらく2ストップで燃料を積んでいるだろうから、ツゥルーリをスタートで交わせれば優勝の可能性はある。 最大の問題はツゥルーリはグリップのいい3位グリッド、ライコネンは不利な4位グリッドということ。 そういえばモントーヤも偶数グリッド。 マクラーレンにとって最悪のケースはモントーヤの前にツゥルーリが出て、ミハエルが逃げてしまうことだろう。 スタートが勝負の分かれ目だ。 ルノーの二台が6位と9位に沈んだ。 さてこの二台、タイヤの摩耗を気にしてハードなタイヤを選んだことがこの予選結果となった。 レースペースは速いのかもしれないが、この順位からではよくて表彰台が精一杯だろう。 ただアロンソはリタイヤしなくてポイントが取れれば良いので、これでも問題ないだろう。 BARは二台とも8位と10位に沈んだのでツーストップかな。 この順位で3ストップだとノーチャンスだな。 さて、決勝レースはミハエルが実力で優勝をもぎ取るか、最速マクラーレンが巻き返すか。 おもしろいレースになりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください