F1 ニュース&コラム Passion

ニューウェイ、レッドブルへ移籍

驚きました、このニュース。 まさかこの時期にニューウェイがレッドブルへ移籍するとは。 2002年にレッドブルの母体となったジャガーへの移籍が取りざたされたが、マクラーレンが引き留めに成功。 もう移籍はないものだとばかり思っていた。 ニューウェイは来年の1月を持ってレッドブルへ移籍する。 ただし、彼の作るニューマシンは2007年シーズンまで待たなければならない。 これでピンチなのがマクラーレン。 思い起こされるのはロン・デニスが参画した当初のマクラーレンを支えたデザイナー ジョン・バーナードだ。 彼はロン・デニスがマクラーレンに参画したときからのデザイナーだった。 画期的なカーボンファイバーを使ったシャシーをMP4で実現。 マクレーレン復活の立役者となった。 それ以降もフラットボトム導入時にリアエンドを絞り込んだコークボトル形状をいち早く採用するなど彼の才能なしに、マクレーレンの復活はなかった。 しかし、彼はマクレーレンを去った。 ロン・デニスはスターデザイナーがいなくても、チームは問題ないと強弁した。 だがその後、チームは競争力の大半をホンダパワーとセナの個人技に頼り切ることになり、ホンダが第二期活動を停止し、セナが去った後は長期の低迷を余儀なくされた。 そのマクレーレンが復活したのは、ウィリアムズからニューウェイを引き抜いてからだ。 スターデザイナーを嫌ったロン・デニスだったが結局、スターデザイナーを他のチームから引き抜くという技を使わざるを得なかった。 もちろん強力なメルセデスエンジンとミカ・ハッキネンなしにはマクレーレンの復活はあり得なかったが、ニューウェイもまた欠かすことの出来ないメンバーだった。 そのニューウェイがマクレーレンを離れるのだから、ロン・デニスも穏やかでない。 来るべきミハエル・シューマッハーの引退に備えるフェラーリがライコネンに関心を寄せているとも噂される。 ニューウェイが去ったマクレーレンがライコネンに取って魅力が下がったことは間違いない。 もっともフェラーリのチーフデザイナーである、ロリー・バーンも引退の準備を始めているが。 ウィリアムズもニューウェイが去った後、チャンピオンから遠のいている。 このチームもパトリック・ヘッドの後を継いだサム・マイケルが苦しんでいる。 自動車はある意味で飛行機より複雑な乗り物だ。 空力特性を追い求めるとマシンは過敏になり、セッティングが難しくなる。 しかしダウンフォースがなければ、競争にならない。 驚くほど制約事項の多いレギュレーションの網の目をくぐり抜ける為には文章の読解力も必要だ。 どのチームも新しい才能を見つけようと探しているが、なかなか見つからないのが現状だ。 果たしてニューウェイがレッドブルでデザインするマシンがどうなるのか。 ただ個人の才能が重要な側面を持っていることは間違いないが、それだけでもダメなのがF1の面白いところ。 実際、ジョン・バーナードはマクレーレンを去った後はフェラーリのデザインなどをして、一時的には活躍したがその後は結果を残せなかった。 ニューウェイがレッドブルでどんなマシンを作るのか2007年が待ちきれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください