F1 ニュース&コラム Passion

スーパーアグリF1参戦へ

11番目のチームの姿が少し見えてきた。 鈴木亜久里率いるスーパーアグリがFIAへ来シーズンのエントリー申請をしたと発表。 しかしこのチーム、依然として謎だらけだ。 エンジンはホンダを使用することが決まっている。 タイヤはブリヂストンを使用する。 チームの代表は鈴木亜久里が就任する。 決まっているのはこれだけ。 他はまだ全然、決まっていないのだ。 FIAのエントリー締め切りに間に合わせる為に、まだ何も決まっていない段階での発表となったのだろう。 ドライバーは琢磨と交渉中らしいが、進捗状況も不明だ。 もっとも琢磨側もどうなるかわからない新チームとの交渉は難しい。 ミッドランドもドライバーラインアップを決めた今、琢磨の希望はこの新チームだけになってしまった 琢磨の来シーズンがどうなるかは、全てこのチームが参戦できるかどうかにかかってきた。 スポンサーも、チームのスタッフも決まっていない。 この時期のこの二つが決まっていないことを考えると、来年の参戦はかなり厳しいと言わざるを得ない。 実際、鈴木亜久里もシャシーに関してはホンダの協力がないと難しいことを認めている。 しかし、F1チームは自前のシャシーで戦うことが義務づけられている。 だからホンダのマシンをそのまま走らせることは、現行のレギュレーションでは認められない。 ただし、レッドブルも旧ミナルディに自社のシャシーを使用させたいと思っているようなので、レギュレーション変更があるかもしれない。 だがそれも他のチームが認めればの話しだ。 スポンサーは日本のIT企業だと噂されている。 しかし100億円以上のお金を出すのであれば、それは世界マーケットを相手にしないと元が取れない。 残念ながら日本でのモータースポーツの認知度は驚くほど少ない。 果たして日本のIT企業の中で世界を相手に勝負できる会社があるのだろうか? さてこのチームの今後はどうなるのだろうか? 鈴木亜久里氏は常に有言実行の男であった。 寡黙な中島悟氏とは違い、常に言葉に出したことを実現した来た男だ。 彼のたぐいまれなる実行力に期待しよう。

One thought on “スーパーアグリF1参戦へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください