F1 ニュース&コラム Passion

ザウバーの成績は偶然ではない

 夏休み明けからザウバーが好調だ。イタリアGPではヒュルケンベルグが予選3位から5位入賞。シンガポールGPではグチエレスが自身初のQ3進出。そしてこの韓国GPでは今シーズン初めての二台揃ってのQ3進出だ。
ヒュルケンベルグはこの結果を偶然ではないと述べた。
「最近の好成績は偶然ではなく実力だと思う。これはタイヤが変わったことだけではなく、アップデートやマシンへの理解が進み、セットアップも決めることができた」
ザウバーはシーズン当初からリアのバランスが悪いことに悩まされていて、まだ完全ではない。しかし改善はされてきている。
「今回の予選ももう少しいい結果が残せそうだったんだけど、雲で路面温度が下がった事よりタイヤがグリップせずにタイムを失った。このマシンはタイヤの作動温度領域が狭く、路面温度が1~2度下がるだけでグリップを失う」
予算不足に悩まされるザウバーではあるが、技術陣は奮闘している。予算額で順位が決まるとも言われる今のF1ではあるが、ザウバーの活躍は中小チームを勇気づけてくれる。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください