F1 ニュース&コラム Passion

アロンソ、マクレーレンと契約!

アロンソが2007年に移籍すると発表した。 移籍先はなんと!今年のライバルチーム、マクレーレン。 契約の詳細は不明だが、ルノーに乗るのは来年一杯となった。 はたしてフラビオ・ブリアトーレはこの契約に関与していたのか? まさか、アロンソと一緒にブリアトーレはマクレーレンには行かないと思うのだが。 ブリアトーレとロン・デニスでは水と油という感じ。 今年、アロンソはブリアトーレの干渉が強すぎるので、彼と離れたいという噂があったが、これが真実味を帯びてくる。 これにより2007年シーズンからライコネンかモントーヤのどちらかがチームを離れることが決定的。 奔放なライコネンとロン・デニスの不仲が噂されたが、ロン・デニスが先手を打ってアロンソ獲得という大きな一手を打ってきた。 私はこれでライコネンがマクレーレンを出ると予想する。 確かに過去、マクレーレンはジョイントナンバーワン体制を築いたこともある。 しかし、ライコネンの感情は複雑だろう。 自分というナンバーワン・ドライバーがいながら、ワールドチャンピオンを獲得するのだから。 これはモントーヤが加入したの時とは桁違いの衝撃。 ニューウェイのマクレーレン離脱も、ライコネンの気持ちに大きな影響を与えるはずです。 ポスト・ミハエルを見据えるフェラーリがこれでライコネン獲得へ動く。 そしてミハエルが2006年シーズンをもって引退するというのが来年のストーブリーグの流れかな。 ミハエルがライコネンの加入を拒否しても、フェラーリとしてはライコネンとの契約に動くだろう。 チームとしては、将来を見据えるとそうせざるを得ない。 ここでホンダかトヨタが大金を積んでライコネン獲得!とはならないだろうな。 今のライコネンにとってお金より、チャンピオンになる方が重要。 となればライコネンは2006年シーズンのフェラーリの調子を見つつの契約交渉となるだろう。 アロンソを獲得済みのマクレーレンは強気の交渉でくることが予想され、マクレーレン残留となるとライコネンの分は悪そうだ。 昨年もシーズン開幕前に、モントーヤとの契約を発表したマクラーレン。 今年も2年先の契約を発表。 常に先手をうつ、ビジネスマンとしてのロン・デニスのすごさを感じさせられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください