F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd14 韓国GP 光り輝くヒュルケンベルグ

この日一番輝いたのは、ニコ・ヒュルケンベルグだった。Q3へ進出し7位からスタート。レース前半はアロンソを従えて走り、SCの後はハミルトン、アロンソを従えて走る彼は見事だった。 彼のマシンはタイム的には1秒ほど遅かったが、立ち上がりのトラクションが抜群で、一度はハミルトンに前に出られても抜き返すなど、最高の走りを見せた。 後ろからプレッシャーを掛けられた時に、ドライバーの真価が問われる。彼は前と後ろの両方を見ながらドライビングしなければならなく、後ろにワールドチャンピオンを従えた場合、かなり厳しい。フェラーリとの契約が結べなかった彼がアロンソの前でフィニッシュしたことは、皮肉な結果である。だが今回の走りは彼の評価を急激に高めることになるだろう。ただロータス入りには資金面も必要となり、契約まではまだまだ紆余曲折がありそうだ。 関連記事:ザウバーの成績は偶然ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください