F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.14 韓国GP ベッテル怒濤の4連勝

▽ベッテル怒濤の4連勝 ベッテルはセーフティカーが二度にわたり導入され、築いたリードを失ったが、全く動じることもなく今シーズン8勝目をかざった。ベッテルは夏休み明けのレースに全勝しており、これで4連勝となる。 スタートで前に出ると後は2番手のグロージャンを毎周0.5秒前後引き離していく。グロージャンもハミルトンをパスするなどいい走りを見せていたのだが、ベッテルにはかなわなかった。ただシンガポールであった1秒のマージンはなく差は縮まったのではあるが、ベッテルにとっては問題はなかった。 ベッテルにとっての最大の関心は、右フロントタイヤのインサイドショルダー部分の摩耗だった。これは昨年もおこったことでこのサーキット特有の現象である。インサイドショルダー部分はかなり摩耗していたが、タイム的には全く問題がなく、いつものようにピットからペースを抑えるように指示が出ても、無視して走るいつものベッテルがそこにいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください