F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.15 日本GP クラッシュの多いFP2 <br>ベッテルが指定席に

 2013年11月11日 14時から15時30分まで鈴鹿サーキットで日本GPのFP2がおこなわれた。 気温28度、路面温度40度、風邪は約6メートルでホームストレートで向かい風。 午前中とほぼ同じ暑いコンディションの中でおこなわれた。ドライバー達は難攻不落の鈴鹿サーキットに苦しんだ。 マルドナド、ペレス、ライコネンがコースアウトするなど、波乱のフリー走行2回目となった。彼らのようにコースアウトしてしまうと、タイヤの評価ができなくなり、データが不足したり、チームメイトの仕事量が増える。一方、午前中のセッションではメルセデスの後ろだった、ベッテルとウェバーのレッドブル勢が1-2になり、彼らが得意としているサーキットで速さを見せている。レッドブルはロングランでもいいペースがあり、ベッテルはハードタイヤで1分39秒前後のペースを維持していた。残念ながら予選かスタートでベッテルの前に出ない限り、勝ち目はなさそうである。ニコ・ロズベルグはミディアムをはいて1分39秒台前後のタイムで16周走り、大きなタレは見られず、日曜日に自信がもてる結果となった。ミディアムタイヤはハードより、0.4秒~0.6秒速い。ロータスはミディアムタイヤをレースで主に使う希望をもっているが、ライコネンのクラッシュでその評価が難しくなった。明日の午前中は忙しくなりそうだ。ビアンキは午前中FP1でクラッシュした影響で、走行できなかった。       Pos Driver Team Time LAP 1 S.ベッテル レッドブル 1:33.852 35 2 M.ウェバー レッドブル +0.168 35 3 N.ロズベルグ メルセデス +0.262 36 4 K.ライコネン ロータス +0.350 17 5 R.グロージャン ロータス +0.559 30 6 L.ハミルトン メルセデス +0.590 36 7 D.リカルド トロロッソ +0.621 30 8 F.マッサ フェラーリ +0.846 35 9 J.バトン マクラーレン +1.060 34 10 F.アロンソ フェラーリ +1.235 32 11 E.グティエレス ザウバー +1.237 36 12 J-E.ベルニュ トロロッソ +1.257 34 13 N.ヒュルケン ザウバー +1.330 34 14 P.ディ・レスタ フォースI +1.423 35 15 A.スーティル フォースI +1.489 25 16 S.ペレス マクラーレ +1.857 8 17 V.ボッタス ウィリアムズ +2.284 41 18 P.マルドナド ウィリアムズ +2.870 6 19 C.ピック ケータハム +3.778 31 20 G.V・D・ガルデ ケータハム +4.053 36 21 M.チルトン マルシャ +4.269 33 22 J.ビアンキ マルシャ No time  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください