F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.15 日本GP FP1結果 ハミルトンがトップタイム

2013年10月11日金曜日、10時から11時30分まで、日本GP FP1が開催された。 天候は晴れ、気温28度、路面温度40度、風はメインストレート上、逆風で約5m。 かなり暑いコンディションだった。 上位8台はきれいに二台づつ同じチームのマシンが揃った。 レッドブルは燃料をたくさん積んでいると見られるので、単純な比較はできない。 燃料を補正するとベッテルはハミルトンより0.15秒ほど速いと思われる。 ベッテルのタイムのタレは約0.3秒/LAP。 ただ徐々に路面状態が良くなってくるので、午後のFP2が注目される。 メルセデスのタイヤのタレが気になる。 Pos. Driver Team Time Lap 1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:34.157 19 2 N.ロズベルグ メルセデスAMG +0.330 19 3 S.ヴェッテル レッドブル・ルノー +0.611 24 4 M.ウェーバー レッドブル・ルノー +0.630 20 5 F.マッサ フェラーリ +0.969 14 6 F.アロンソ フェラーリ +0.997 16 7 R.グロージャン ロータス・ルノー +1.022 15 8 K.ライコネン ロータス・ルノー +1.207 17 9 S.ペレス マクラーレンM +1.293 27 10 D.リチャルド トロロッソ・フェラーリ +1.478 19 11 J.バトン マクラーレン・M +1.711 22 12 N.ヒュルケンベ ザウバー・F +1.743 18 13 J-E.ヴェルニュ トロロッソ・F +1.909 20 14 A.スーティル フォースインディア・M +2.008 19 15 P.マルドナド ウィリアムズ・ルノー +2.021 12 16 V.ボッタス ウィリアムズ・ルノー +2.183 23 17 P.ディ・レスタ フォースインディア・M +2.242 18 18 E.グティエレス ザウバー・フェラーリ +2.603 22 19 H.コバライネン ケータハム・ルノー +3.438 22 20 J.ビアンキ マルシア・コスワース +3.472 8 21 G.V・デル・ガルデ ケータハム・ルノー +3.868 15 22 M.チルトン マルシア・コスワース +4.606 18  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください