F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.15 日本GP 苦しいアロンソ

難攻不落の名コース鈴鹿サーキット。そこでフェラーリのアロンソは苦しんでいる。 FP2のタイムを見ると軽めにしたミディアムでのタイムは1分35秒台をきれていない。 これは上位陣ではアロンソだけだ。 ハードでのロングランのペースは悪くない。 1分40秒のタイムを安定して揃えられている。 だがタイム以上に乗りにくいという印象を受けた。 コーナーを回るたびににハンドルを修正するアロンソ。 セットアップが全くきまっていない。 アンダーステアが出たり、オーバーステアが出たり。 複雑なセットアップが求められる鈴鹿サーキットで、これではさすがのアロンソも為す術がない。 珍しくデグナーではスピンをする場面もあった。 ただ、クラッシュをさせずに、きれいにコントロールしながらスピンさせたのはさすがである。 当然、金曜日のフリー走行終了後、ミーティングをして対策をはかっていると思う。 今日、土曜日のフリー走行3回目の走りが注目である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください