F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.15 日本GP FP3 <br>ベッテルにトラブル発生 ウェバーがトップ

2013年10月12日土曜日、11時から日本GPのフリー走行3回目がおこなわれた。コンディションは気温24度、路面温度35度、風向きはメインストレートで追い風。昨日よりは若干暑さは和らいだが、風向きが逆になり、追い風になるスプーン出口で姿勢を乱すマシンが相次いだ。 昨日よりは明らかに路面コンディションが良くなっており、2秒以上タイムも向上した。これはセクター1で向かい風になり、ダウンフォースが増えたことも影響している。逆にスプーンや1コーナーは追い風になり、飛び出すクルマも目についた。 注目のプライム(ハード)とオプション(ミディアム)のタイム差は、前日より大きく0.6秒~0.8秒程度にひらいた。これは路面コンディションが向上した結果であり、これだと決勝レースをミディアムタイヤでつないでくるチームも出てきそうだ。 ベッテルはKERSのトラブルで、予選のシミュレーションができず、若干のハンディを抱えることになった。チームメイトのウェバーがトップタイム。1分32秒053を記録。 2位と3位はハミルトンとロズベルグのメルセデス勢。その後ろにグロージャンがいる。 ライコネンは相変わらず、新しいタイヤでのアタックがうまくいかず、8位に終わる。 関連記事:ライコネン タイヤの変更で予選が遅くなった フェラーリはハードタイヤではふるわなかったが、ミディアムでの予選シミュレーションでタイムを0.8秒あげて、5位になった。ただハードタイヤでのロングランは昨日同様、乗りにくそうでレースには不安が残る。 日本GPの予選はこの後、14時から開催される。 Pos.    Driver     Team     Time    Gap     Laps 1 M.ウエーバー     レッドブル     1'32''053        17 2     L.ハミルトン     メルセデス     1'32''187    0''134    18 3     N.ロズベルグ     メルセデス   1'32''355    0''302    18 4     R.グロージャン    ロータス   1'32''707    0''654    26 5   F.アロンソ     フェラーリ   1'32''800    0''747    14 6     F.マッサ     フェラーリ   1'32''815    0''762    14 7     J.バトン     マクラーレン   1'32''869    0''816    17 8     K.ライコネン     ロータス     1'32''946    0''893    25 9     S.ベッテル     レッドブル     1'33''036    0''983    8 10   N.ヒュルケンベ ザウバー     1'33''076    1''023    12 11   S.ペレス     マクラーレン     1'33''158    1''105    15 12    J-E.ベルニュ     トロロッソ     1'33''260    1''207    15 13    D.リカルド     トロロッソ     1'33''490    1''437    16 14    P.マルドナド     ウイリアムズ   1'33''638    1''585    17 15    P.ディ・レスタ   Fインディア    1'33''660    1''607    19 16    E.グティエレス   ザウバー     1'33''732    1''679    15 17    V.ボッタス     ウイリアムズ     1'33''955    1''902    18 18    A.スーティル    Fインディア     1'34''773    2''720    8 19    G.VDガルデ     ケータハム     1'35''473    3''420    20 20    C.ピック     ケータハム     1'35''518    3''465    18 21    M.チルトン     マルシャ     1'35''844    3''791    16 22   J.ビアンキ     マルシャ     1'39''378    7''325    2  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください