F1 ニュース&コラム Passion

2013 Rd.15 日本GP結果 ベッテル逆転の五連勝

2013年10月13日15時から2013年F1 第15戦 日本GPがおこなわれた。気象条件は天候は晴れ、気温23度、路面温度30度。レースはスタートから波乱含みとなった。 スタートで予選4位のグロージャンがミサイルスタートを決め、トップで1コーナーへ。好スタートをきったハミルトンだが、ベッテルをかわす時に、右リアタイヤがベッテルのフロントウィングと接触。 右リアタイヤをパンクさせたハミルトンは、ピットに戻りタイヤ交換してコースに戻るが、マシンがまともに走らずリタイヤ。ウェバーが2位、ベッテル3位でレースが進行していく。 最初のタイヤ交換では順位変動はなかったが、2度目のタイヤ交換にウェバーが一番最初に動いた。グロージャンはこれに反応せず、ステイアウトして30周でタイヤ交換。ベッテルはさらに遅く37周目にタイヤ交換。この時点での順位は1位ウェバー、2位はグロージャン、3位はベッテル。だがウェバーは3ストップするために、もう一度タイヤ交換。ベッテルは新品のハードタイヤに履き替えて、グロージャンをコース上でパスしてトップに立つ。前の二台を追うウェバーだったが、グロージャンを抜くのに手間取り、グロージャンは抜けたが、ベッテルには追いつけず2位で終わる。 これでベッテルは夏休み明けのレース全てに勝利し、5連勝。 5連勝した歴史上6人目のドライバーになった。 彼以外にはJ.ブラバム、N.マンセル、M.シューマッハー、A.アスカリ、J.クラークら、そうそうたる面々が5連勝している。 アロンソ4位、ライコネンは5位。2人ともヒュルケンベルグに抑えられた時間が長く、これ以上は望めなかった。6位には韓国GPに続き大活躍のヒュルケンベルグが、7位には初ポイント獲得のグチエレスが入った。 これでベッテルとアロンソとのポイント差は90点に開いた。次のインドGPでアロンソはベッテルとの差を16ポイント以上縮めないと、ベッテルの4年連続チャンピオンが決まる。 2013 Rd.15 日本GP 53周 1. Vettel Red Bull 1h37.410s 2. Webber Red Bull +7.1s 3. Grosjean Lotus +9.9s 4. Alonso Ferrari +45.6s 5. Raikkonen Lotus +47.3s 6. Hulkenberg Sauber +51.6s 7. Gutierrez Sauber +1m11.6s 8. Rosberg Mercedes +1m12.0s 9. Button McLaren +1m20.8s 10. Massa Ferrari +1m29.2s 11. Di Resta Force I +1m38.5s 12. Vergne Toro R +1 lap 13. Ricciardo Toro R +1 lap 14. Sutil Force I +1 lap 15. Perez McLaren +1 lap 16. Maldonado Williams +1 lap 17. Bottas Williams +1 lap 18. Pic Caterham +1 lap 19. Chilton Marussia +1 lap Drivers’ Championship 1. Vettel 297  2. Alonso 207 3. Raikkonen 177 4. Hamilton 151 5. Webber 148 Constructors’ Championship 1. Red Bull 445  2. Ferrari 297 3. Mercedes 277 4. Lotus 264 5. McLaren 83

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください