F1 ニュース&コラム Passion

ベッテルは5位以上でタイトル決定

日本GPの厳しいレースで勝利し、5連勝したベッテル。チャンピオンシップに王手をかけて、インドGPにのぞむ。 ベッテルは日本GPで勝利して5連勝したことにより、獲得ポイントがベッテル 297点、アロンソ 207点。彼はランキング2位のアロンソとの差を90ポイントに広げた。次のインドGPが終わると、残りは3レース。アロンソが全て勝っても、最高に得られるポイント数は75になる。つまりアロンソはインドGPが終わった時点で74ポイント差まで縮めないと、ベッテルのタイトルが来まる。 同点の場合、勝利数が多い方がチャンピオンなので、ベッテルがチャンピオンである。 これは逆にベッテルから見ると、次のインドGPで5位以上に入賞すれば、アロンソが勝ったとしてもポイント差は75ポイント以上になるので、4年連続チャンピオンとなる。 4年連続チャンピオンは、ミハエル・シューマッハーだけが成し遂げた記録である。 彼は翌年もチャンピオンシップを獲得し、5年連続チャンピオンという大記録を作った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください