F1 ニュース&コラム Passion

インドGP FP2 ベッテルがまたもトップタイム

 インドGPの二回目のフリー走行が開催され、FP1と同じくレッドブルの二人が上位を独占した。 各車はフリー走行二回目恒例のロングランテストをおこなった。新品のソフトとミディアムのタイム差は1.6秒から2秒と大きい。またミディアムのタイヤのタレは少なく、ほとんどない。ロータスなどはタイムが上がっており、タイヤ交換の数が注目される。ミディアムタイヤの交換タイミングはコンパウンドの限界にによる。ミディアムタイヤで最も周回を重ねたペレスは連続で26周、合計で35周走ったが、スティント終盤でもタイムは改善していた。逆にソフトタイヤはグレイニングがひどく、特に左のフロントタイヤは深刻で、アンダーステアに悩まされるマシンが多かった。ただ日曜日に向かって路面状態は改善されて、解消はされてくると思われる。ソフトで周回を重ねたライコネンはソフトタイヤの状況はよく平均一周当たり0.1秒づつタイムを落としていた。土曜日の午前中のフリー走行3回目は、土曜日の現地時間11時(日本時間14時30分)から1時間にわたりおこなわれる。Pos Driver Car FP1 FP2 Total laps1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’26.683 1’25.722 592 Mark Webber Red Bull-Renault 1’26.871 1’26.011 553 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’26.990 1’26.220 564 Lewis Hamilton Mercedes 1’27.227 1’26.399 575 Fernando Alonso Ferrari 1’28.214 1’26.430 456 Nico Rosberg Mercedes 1’26.899 1’26.582 637 Felipe Massa Ferrari 1’27.692 1’26.601 628 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’28.730 1’26.632 509 Sergio Perez McLaren 1’27.416 1’26.857 6310 Jenson Button McLaren 1’27.335 1’26.972 6211 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’28.336 1’27.304 3512 Adrian Sutil Force India-Mercedes 1’28.468 1’27.375 5613 Valtteri Bottas Williams-Renault 1’27.800 1’27.429 5414 Nico Hulkenberg Sauber-Ferrari 1’27.770 1’27.491 5915 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’27.608 3816 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’28.342 1’27.720 4417 Esteban Gutierrez Sauber-Ferrari 1’28.538 1’27.949 6218 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’28.035 1’28.431 5519 Giedo van der Garde Caterham-Renault 1’29.413 1’28.692 6320 Jules Bianchi Marussia-Cosworth 1’29.560 1’28.799 5221 James Calado Force India-Mercedes 1’29.197 2222 Charles Pic Caterham-Renault 1’30.026 1’29.366 6023 Max Chilton Marussia-Cosworth 1’30.471 1’30.164 44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください