F1 ニュース&コラム Passion

2013年 Rd.16 インドGP レース結果<BR>ベッテル6連勝で4年連続チャンピオン

2013年のF1 第16戦 インドGPが10月27日現地時間14時からスタートした。ポールポジションからスタートしたベッテルが、タイヤ選択の違うドライバーに一時的にリードを許したが、ウェバーが最初のタイヤ交換後はリードを奪い返し、夏休み明けの連勝記録を6に伸ばし、4年連続4回目のワールドチャンピオンになった。  ピレリが持ち込んだソフトとハードのデグラデーションが大きく別れたため、タイヤ戦略も大きく別れた。ソフトスタート勢は1周目からタイヤ交換が始まり、ベッテルは2周目、グロージャンが13周目まで引っ張った。ミディアム勢は20周以上走り、ソフトに交換して数周走った後、最後にまたミディアムを履くドライバーが多かった。 また1ストップを狙ってきたのが、ライコネン、グロージャン、スーティル。ただ二台のロータスとスーティルにはタイヤの選択が違った。ロータスの二台はソフトでスタートして、ミディアムに交換し、最後まで行く作戦。スーティルはミディアムで引っ張って、レース終盤で燃料が軽くなったところをソフトという選択だった。この3人のうちグロージャンとスーティルは成功し、ライコネンは終盤にタイヤがもたなくなり失速し7位となった。 マッサがいいレースを見せて4位。1周目にウェバーに接触して、フロントウィングの交換を強いられたアロンソは11位に終わった。ウェバーは2位を走行中にオルターネータのトラブルが発生し、リタイヤを余儀なくされた。    レース終了後、チャンピオン決定の喜びをスタンド前のドーナツターンで表したベッテルはFIAから戒告を受けた。 2013 Rd.16 インドGP最終結果 Pos Driver Team Laps Gap 1 Vettel Red Bull 60 1h 31:12.187 2 Rosberg Mercedes 60 + 0:29.823 3 Grosjean Lotus 60 + 0:39.892 4 Massa Ferrari 60 + 0:41.692 5 Perez McLaren 60 + 0:43.829 6 Hamilton Mercedes 60 + 0:52.475 7 Raikkonen Lotus 60 + 1:07.988 8 Di Resta Force India60 + 1:12.868 9 Sutil Force India60 + 1:14.734 10 Ricciardo Toro Rosso 60 + 1:16.237 11 Alonso Ferrari 60 + 1:18.297 12 Maldonad Williams 60 + 1:18.951 13 Vergne Toro Rosso 59 + 1 Lap 14 Button McLaren 59 + 1 Lap 15 Gutierrez Sauber 59 + 1 Lap 16 Bottas Williams 59 + 1 Lap 17 Chilton Marussia 58 + 2 Laps 18 Bianchi Marussia 58 + 2 Laps 19 Hulkenbe Sauber 54 + 6 Laps リタイヤ Webber Red Bull 39  オルターネータのトラブル Pic Caterham 35  油圧系トラブル V D Garde Caterham 1  事故によるダメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください