F1 ニュース&コラム Passion

ロス・ブラウン シーズン終了後メルセデスを離脱

ロス・ブラウンがチームを離れると噂され、チームは否定していたが、移籍は実現しそうである。シーズン終了後にメルセデスGPを離れる交渉をチームとしている。 2008年末にホンダの撤退後、チームを引き継いだロス・ブラウンは2009年にチームにとって最初で最後のチャンピオンをバトンと共に祝った。その年の末、チームをメルセデスに売却し、ブラウンはそのままチーム代表にとどまっていた。メルセデスGPになって以降4年間でチャンピオンはなし、今年ようやく3勝を上げることができた。だが満足できないチーム首脳はマクラーレンからパディ・ロウを引き抜き、技術面を任せようとしている。 ブラウンはチームを離れない意志を明らかにしていたが、それにはチーム代表であるという条件付きであった。今後、チームの商業面は株主であるトト・ウルフが、技術面はパディ・ロウが見る事になり、ブラウンは退職する模様である。現在、退職の条件をチームと交渉している。 もうすぐ59歳になるブラウンは、2015年からマクラーレンへエンジンを提供するホンダとはいい関係にある。だが他のチームも彼を放っておかないだろう。そしてこれが三つの異なるチーム(ベネトン、フェラーリ、ブラウンGP)でチャンピオンになったブラウンの最後の挑戦になる。 関連記事:マクラーレンが大物テクニカルスタッフとの契約を示唆 関連記事:マクラーレンへ移籍するのはロス・ブラウンか? 関連記事:ラウダはロス・ブラウンの残留を希望 関連記事:マクラーレンがレッドブルの空力責任者のピーター・プロドロモウと契約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください