F1 ニュース&コラム Passion

ウィリアムズ 2014年はボッタスとマッサ

ウィリアムズは2014年にフェリペ・マッサがチームに加入し、ボッタスのチームメイトになると発表した。 マッサは12年間F1に在籍し、そのうちの8年間をフェラーリドライバーとして過ごしている。2008年にはほとんどチャンピオンになりかけていたが、僅差でハミルトンに敗れた。 「今日、2014年のドライバー・ラインアップを発表できて、とてもうれしく思います。マッサ、ウィリアムズファミリーへようこそ」とフランク・ウィリアムズが述べた。「彼は並外れた才能があり、コース上では本当のファイターです。我々が新しい時代へ進んでいくにあたり、貴重な経験をもたらしてくれるでしょう。バルテッリ(ボッタス)はチームの貴重なメンバーで、モントリオールのような難しいコンディションで、彼の才能を見せつけてくれたことはとてもうれしく思います」 マッサは若い頃からウィリアムズをドライブしたかったと明らかにした。 「子供の頃、いつもウィリアムズやフェラーリやマクラーレンを夢見ていた。フェラーリの後にF1を代表するチームと契約できてうれしい」とマッサは述べた。 マッサはマルドナドの代わりにウィリアムズをドライブする。マルドナドはロータスと契約すると見られるが、フォースインディアやザウバーとも交渉中である。 契約期間は3年である。マッサはF1で11勝を記録しており、彼の経験はチームの立て直しに有益になる。マッサのチームメイトは今年と同じくボッタスが残留して勤める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください