F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレン 2014年はマグヌッセン起用

マクラーレンは2014年のドライバーとしてセルジオ・ペレスの代わりに、ケビン・マグヌッセンと契約することを決定した。 マグヌッセンはまだ正式契約はしていないが、チームはこの21歳の若者に2014年にシートを与える。ペレスは今年チームに加わり、1年でチームを追われることになる。 チーム代表のウィトマーシュは「まだ我々のドライバーラインアップは確定していない。まだドライバーとの契約書にサインしていない」と述べた。「私たちはまだ協議を続けている。関係者間では有意義な話ができているがまだ発表する時期ではない。どうなるか見てみよう」 マグヌッセンは今年のフォーミュラ ルノー3.5のチャンピオンであり、マクラーレンにとって2007年のハミルトン以来の新人ドライバーである。 ペレスはフォースインディアへの移籍が話題になっている。彼はハミルトンの代わりに今年マクラーレンに合流したが、彼のパフォーマンスはチームを満足させられなかった。 マクラーレンは不振のシーズンを過ごしており、1980年以来の表彰台なしとなる可能性があるが、バトンの60点に対してペレスの獲得ポイントは30点にとどまる。彼は過去2レースで連続入賞しており、アブダビGPでは5位となった。これは今年のバトンの最高順位と同じである。しかしながら、チームは1週間かけて彼のパフォーマンスの検証をおこなったが、バトンよりスピードがなく、それを埋めるのはできないと判断した。 ケビン・マグヌッセンは1995年にデビューした元F1ドライバー ヤン・マグヌッセンの息子である。シミュレーターの評価によると彼はすでにペレスよりも速い。また彼は若手ドライバーテストでもチームに素晴らしい印象を与えている。 マクラーレンは2015年にアロンソと契約しようとしており、それが実現した場合、バトンかマグヌッセンのどちらかはシートを失う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください