F1 ニュース&コラム Passion

ライコネンの代役をシューマッハにオファー

2013年シーズン残り2戦を欠場するライコネンの代わりのドライバーとして、ロータスは7回の世界チャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハーにオファーしたが、彼はこれを断った。 ライコネンの代役はいろいろ紆余曲折はあったが、コバライネンとの契約が木曜日に発表される見込みである。 「チームが問い合わせしてきたのは事実ですし、彼らがそうした理由を理解できます。彼がいまだ現役時代と同じ状態を維持していると考えたのです」と彼のマネージャーであるサビーネ・ケームが述べた。 「彼がいまだに速いと考えるのは適切だと思いますが、今の彼は第二の人生を楽しんでいます」 シューマッハーはフェラーリ在籍中の2006年に1度目の引退。2010年にメルセデスGPから復帰して、2012年に2度目のそして恐らく最後の引退をした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください