F1 ニュース&コラム Passion

ヒュルケンベルグはロータスのオファーを断る

2013年最後の2レースを欠場するライコネンの代役の有力候補にあげられていたヒュルケンベルグは、ロータスのオファーを断った。 彼は今週の初めにエンストンにあるロータスのファクトリーを契約の最終交渉とレースの準備作業のために訪れていたが、最後に気持ちを変えて契約をしないことに決めた。 ヒュルケンベルグは2014年シーズンに向けてロータスと交渉を継続中である。チームが投資会社との契約をまとめるとヒュルケンベルグは来年のシートを獲得できそうであるが、未だに契約はなされていない。 「チームはライコネンの代わりに残り2レースを26歳のヒュルケンベルグに走らせることに興味を持った」ヒュルケンベルグのマネージャーであるワーナー・ハインツが火曜日に明らかにした。 「オファーを受けて可能性を考えた」「二日間考えて決断を下した。だがこれは彼がザウバーを離れることを意味していない」 実際、高い評価を受けているヒュルケンベルグにとって、2014年シーズンの確約がない状況で、ロータスへ移籍することはリスクがある。彼に残された準備の時間はフリー走行のたった4時間である。その中でマシンになれて結果を出さなければならない。今の経済状況ではここで結果を残しても来年のシートが確約されるわけではない。しかもここで結果を残せないと、来年の契約を結べない可能性もあるし、他のトップチームへの印象も悪くなる。これは勝率の低いロシアンルーレットである。 「ロータスからはオファーがあり、検討しました」「我々はニコが残り2レースをザウバーで走ることを決めました」 ライコネンの代わりは、同じフィンランド人のコバライネンになる見込みである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください