F1 ニュース&コラム Passion

ペレス フォースインディアと契約

フォースインディアは2014年のドライバーとして、セルジオ・ペレスと契約したことを明らかにした。   ペレスは1年間のマクラーレンでのドライブの後、契約延長をされずに2014年のシートを探していた。彼はすでに発表済みのヒュルケンベルグと共に2014年シーズンをフォースインディアと戦うことになる。 元々、フォースインディアのもう一つのシートは、スーティルが有力と見られていた。それが急転してペレスとなった背景にはマクラーレンからの働きかけがあったと思われる。フォースインディアはマクラーレンと技術提携しており、ギアボックスの供給や技術連携をしている。当然、それには対価を支払っているのだが、資金に苦しむフォースインディアはマクラーレンへの支払いが遅れており、その負債と調整する形でペレスをフォースインディアへ推薦したと見られる。放出するドライバーの面倒を、元のチームが見るというのは、非常に珍しくこれはメキシコのTELMEX絡みであると思われている。 これでポール・ディ・レスタの放出が確定した。彼はザウバーとの契約を目指すことになるが、資金難のザウバーが持ち込みスポンサーなしの彼と契約するとは考えにくく、彼のF1からの離脱はほぼ確実である。またスーティルもチームを離れて、ザウバーのシートを狙うが、彼の場合はスポンサーがあるのでまだ期待はもてる。 ザウバーのシートは他にもグチエレスやギド・バン・デル・ガルデなども候補に登っており、シート争いは厳しい。だがそもそもザウバーが来年のグリッドに並べているかどうかは、かなり微妙な状況である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください