F1 ニュース&コラム Passion

FIAがF1への新規参入チームを募集中

FIAは競争力のあるチームのF1参入を募集中である。新規加入は2015年か2016年からになる。 FIAは少なくとも2020年までに競争力を得られるチームを選びたいと考えている。長期的な視点からF1に有益であると考えられるかどうかが、選考基準となる。 新規加入を希望する候補者は1月3日までに、興味があることをFIAに表明しなければならない。 F1は2009年以降、深刻な経済危機に見舞われており、2014年のドライバー選考には資金量が大きく影響している。その為、2015年からコスト制限をするべく主要チーム間では基本合意に達している。 だがこのコスト制限は実際の運用面で困難があり、最終的に同意されるかどうかは不透明である。今でも売りに出したいチームは多くあり、しかも格安である。それを最初からF1チームを起ち上げる人間なり組織がいるのか疑問である。実際、2009年にコスト削減案が提案され新規チームが3チーム加入したが、コスト削減案は実現せず、彼らは今もグリッドの後方で苦しんでいる。 参入表明が1月3日までと短期間であることから、既にFIAはめぼしい候補と交渉しているのかもしれない。 ちなみに最近のF1新規参入チームとその後、結果を見てみよう 左から参戦開始年、チーム名、結果である。 2002 トヨタ     2009年撤退 2006 スーパーアグリ 2008年撤退 2010 ロータス         現ケータハム 参戦継続中 2010 バージン         現マルシア 参戦継続中 2010 HRT               2012年撤退 これを見るとまともな人間であれば、今からF1に参入してくるのが難しいことがよくわかる。新しいチームは名乗りを上げるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください